ADSLその他について知ろう!

ADSLの速度を高速化する方法

カテゴリ:


ADSLはベストエフォート型で提供されているサービスです。このため、常に決められた速度で利用できるとは限らず、伝送損失などさまざまな要素が通信速度に絡みます。

伝送損失などによって通信速度が変動するADSLですが、速度を速くする方法はあるのでしょうか。

単純にプロバイダとの料金プランを変更し、速度重視のADSLプランにすることで速度を高速化することもできます。ただし速度が速いプランは当然料金も高くなります。また、伝送損失の影響を受けにくい光ファイバーを思い切って導入するのも一つの手です。

しかし手続きの手間や費用面などから、プランの変更などなしに高速化したいという人も多いでしょう。

ADSLはケーブルの長さやパソコンからの距離など宅内環境を見直すことである程度高速化することも可能です。プランの変更などは最終カードとしてとっておき、まずは身近な環境を見直すことから始めてみましょう。

宅内環境を見直してみよう

ADSLはモデムやケーブルなど身近な要素を見直すことである程度の高速化が可能です。

ADSLは電子レンジや冷蔵庫といった家電製品からのノイズで速度が低下することがあります。これを防ぐには家電製品の近くにADSLモデムをおかずに距離を置くといいでしょう。

また、モジュラージャックとモデムをつなぐ電話線を短くすることで速度を改善することができます。長い電話線を使っている場合は短めの電話線に変えてみるといいでしょう。

それ以外にも、スプリッタの位置も確認してみましょう。スプリッタが正しい位置で接続されていないと、電話信号とADSL信号が上手く分離されず、速度が落ちることがあります。

ADSLに適した設定の見直しなど

使用しているパソコンのソフトウェア、ネットワーク設定が利用しているADSLに適していないため、理想の速度が出ないことがあります。

たとえばウイルス監視などのセキュリティソフトによるデータのチェック処理が間に合わず、その分速度が落ちることがあります。セキュリティソフトによっては公式サイトにて対応方法や修正ファイルが公開されていることがあります。ウイルスバスター2001であれば公式サイトにて対策法が書かれていますので確認してみましょう。

ブラウザやネットワーク設定に問題がある場合は、TCP/IPの設定をいじることで速度が改善されます。

LANカードを確認しよう

LANカードは通常パソコンに内蔵されていますが、規格によってはADSLの速度が出ないこともあります。5年以上の前のパソコンを使用している場合はLANカードの規格を見直し、必要であれば交換を検討しましょう。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る