ADSLの導入・費用・比較について知ろう!

フレッツADSLとは


フレッツADSLとは、NTT東日本・西日本が提供しているインターネット接続サービスです。
通常の加入電話回線と共有する「電話共有型」と、「ADSL専用型」の2種類に分かれています。回線速度はフレッツADSL1.5MプランからフレッツADSL47Mプランまで6種類(タイプ1・タイプ2共通)用意されており、それぞれ通信速度が異なります。

フレッツADSLによって提供されているのは接続回線の契約だけなので、フレッツADSLの契約とは別にプロバイダとの契約が必要です。ただし最近はフレッツADSLへの契約や手続きを代行してくれるプロバイダも増えているため、プロバイダだけに申し込むだけで楽にインターネットを始めることができるようになりました。

フレッツADSLの種類について

フレッツADSLにはタイプ1と呼ばれる「電話共有型」のものと、タイプ2と呼ばれる「ADSL専用型」のものがあります。

【1】電話共有型
電話共有型は、既存の電話回線を利用するタイプで「タイプ1」とも呼ばれます。1本の電話回線を利用してインターネットに接続するサービスで、同時に通話を行うことも可能です。

ただし、他の通信事業者の電話サービスと共用することはできません。大掛かりな工事を必要とせず、プロバイダから送られてくるモデムを自宅に設置するだけで簡単にインターネットを使えます。

【2】ADSL専用型
ADSL専用型は、既存の加入電話の回線とは別に新たな回線を引いてインターネット専用回線として使うタイプです。この回線で電話を使うことはできません。「タイプ2」や「電話加入権不要タイプ」とも呼ばれます。

電話回線(電話加入権)がなくてもインターネットを利用できるため、携帯電話メインで固定電話を持っていない、必要としない人にオススメのタイプです。

フレッツADSLの特徴

ダイアルアップ接続のような”使った分だけ請求”の従量制とは異なり、月々の利用料金が定額制になっているため、時間帯や通信料に関係なく気軽にインターネットを楽しめます。

インターネットをどれだけ使っても、定額料金以上の請求がくることはありません。また、下り最大47Mbps、上り最大5Mbpsの高速通信を常時接続で快適に利用できます。これはISDNの約625倍の速度です。

また、フレッツ・ADSLは非常に多くのプロバイダに対応しているため、豊富なプロバイダから自由に好きなプロバイダを選択できます。

複数のプロバイダと契約したり、メールアドレスを複数契約することもできます。プロバイダによってはIP電話のサービスを提供しているため、「IP電話サービス(050番号)対応機器」を使ってIP電話が使えるようになります。

フレッツADSLは割引サービスも豊富で、マイラインプラスセット割引、フレッツ・ずっと割引などを適用することによって月額利用料を抑えることができます。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る