ADSLの特徴について知ろう!

ADSLとノイズの関係について

カテゴリ:


ADSLの通信速度に影響を与えるものとしてノイズが挙げられます。ADSLに影響を与えるノイズにはさまざまなものがあり、はっきりと発生源をつきとめることが難しい存在といます。ノイズが大きいと通信速度が落ちるだけでなく、突然接続が切断されてしまうこともあります。

お金を払って利用しているのだから、誰もがノイズ無しで快適にインターネットを楽しめれば・・・というのが理想ですが、ADSLはあくまでベストエフォート型のサービスです。

通信速度が思ったより出ない、通信が途切れてしまうことがある、といった場合は宅内環境など身近なことから改善してみましょう。

ある程度ノイズを除去できれば、プロバイダとの契約プランを変更しなくても通信速度を上げることが可能です。
ADSLにおけるノイズの具体例を挙げてみました。

電磁波や雷

電線・幹線道路・鉄道架線からは電磁波が放射されています。自宅の周辺にこのような設備がある場合はこの電磁波がノイズになることもあります。

雷はテレビやラジオにもノイズを与えますが、ADSLにも大きな影響があります。場合によっては突然接続が切れてしまうことがあります。雷対策のためのノイズフィルターも市販されています。

パソコンやモデム周辺の家電製品

ADSLは高周波の信号で通信していますが、この高周波信号はノイズに弱いという弱点があります。

この高周波信号に影響を与えるのが冷蔵庫、携帯電話、オーディオ機器、テレビ、電子レンジといった家電製品です。対策としてはモデムとこれらの機器を放すことが推奨されます。

長すぎる電話線(モジュラーケーブル)

モジュラージャックとスプリッタをつなぐ電話線(モジュラーケーブル)はノイズの影響やAMラジオの電波の干渉を受けやすいため、速度が出ない場合はこのケーブルを見直す必要があります。

モジュラーケーブルはLANケーブルなどと比べて細めなので劣化しやすいです。古いケーブルを使っている場合は新しいものに交換しましょう。

一番手軽なのは短めのケーブルを使うことです。モジュラーケーブルは長ければ長いほどノイズの干渉を受けやすくなります。他にはフェライトコアやフィルターを導入するという方法もあります。

通常、モジュラーケーブルはプロバイダからモデムと一緒に送られてきますが、ノイズ対策がされていないことがほとんどです。ノイズに強いツイストペアケーブルが市販されていますので、こちらに交換してもいいでしょう。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る