ADSLの特徴について知ろう!

ADSLのメリット

カテゴリ:


光ファイバーが主流になってきている現在(都心部に住んでいる学生の方には、どこでも持ち歩き&ネット接続が可能なWiMAXが人気のようですが…)、ADSLは若干忘れられがちではありますが、それでもADSLならではのメリットがいくつかあります。ここでは、ADSLのメリットに関してご紹介します。

ISDNと比べて高速な通信が可能

音声周波数帯域を避けた帯域を使用しているため、従来の電話回線用モデム、ISDNよりも速い通信が可能です。
たとえば従来のダイヤルアップ接続では画像を表示するだけでも時間がかかることが多くありましたが、ADSLだと瞬時に表示することができます。一般的に光ファイバーより速度は劣るといわれていますが、状況によってはADSLのほうが速いこともあります。

【豆知識】
光ファイバーのマンションタイプは、一本のひかり回線に対して複数の戸数が引き込みを行うため、同時接続世帯が増加するとその分だけ1戸数あたりの利用可能帯域が狭まることになります…たとえば、100Mbpsの回線に対して10世帯が同一回線を利用するとなると —-100÷10=@10mbps—という計算になり、物理的な数値でみるとADSLの50Mに速度が劣る…という結果になります(ということもあり、「ベストエフォート」という文言がよく使われているのです)。
とはいえ、最近ではauひかりなどが1Gbpsのギガタイプのプランを提供しているので、少しずつ環境は変わってきているようです。

光ファイバーと比べると低コスト

既存の電話回線を利用しているため、光ファイバーのように多額な工事費がかからず、低コストで気軽にインターネットを楽しめます。実際に各プロバイダの料金を見ても、光ファイバーよりも低料金(1000円~2000円台)に設定されていることが多いです。
速度によって料金プランが異なる提供方法のため、安さ重視か、速度重視かでプランを選ぶことが可能です。また、既存の電話回線を利用することから利用地域が限られておらず、NTTの回線が敷設されている地域のほとんどで利用できます。

料金は月額定額制

ADSLが普及する前の公衆交換電話網(ダイヤルアップ接続)では通信量や接続する時間帯によって毎月の料金が変わっていました(これを従量制といいます)が、ADSLは毎月通信料に関係なく決められた料金を支払うだけでOKです。常時接続で、使用する時間帯・通信量に関係なく好きな分だけ利用できることも人気のひとつです。

導入や最初の設定が簡単

どこの一般家庭にもある既存の電話回線を利用しているので、大きな回線工事や複雑な手続きは必要としません。
ADSLに申し込むと契約したプロバイダからモデムが送られてきます。このモデムを自宅に設置し、NTT局内の工事が完了すればすぐにインターネットを利用できるようになります。モデムの設置やパソコンの接続設定も簡単で、初心者のためにプロバイダがさまざまなサポートサービスを用意しています。
光ファイバーの場合、電柱から宅内に引き込むという、ADSLに比べて大掛かりな工事が必要なため、申し込みをしてから利用開始までの期間が長いことがありますが、ADSLなら長くても2週間程度でインターネットを使うことができるようになります。

IP電話で電話料金の節約可能!

ダイヤルアップと違い、電話の利用と関係なくいつでも接続できます。また多くのプロバイダがIP電話サービスも提供しており、電話料金もお得になります。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る