光ファイバーその他について知ろう!

光ファイバーで地デジ対策をしよう!

地デジ対策はアンテナで?光ファイバーで?

2011年にアナログ放送が終了するため、早めの対策が推奨される「地デジ対策」ですが、光ファイバーを導入することで地デジが見れるようになります。
通常地デジ対策といえば地デジアンテナ(UHFアンテナやパラボナアンテナ)やチューナーの設置がありますが、光ファイバーであれば光回線を利用して地上波デジタルに接続するため、アンテナなしに導入することができます。

ちなみに、光ファイバー回線を利用して提供されている地デジサービスをまとめて「光テレビ」と呼ぶこともあります(なかなかわかりにくいですね(笑)。光テレビにはNTTのフレッツ光と共に提供されており、これから説明する「フレッツテレビ」や、関西電力の「eo光テレビ」などがあります。

フレッツテレビとは

NTTが提供している地デジサービスが「フレッツテレビ」です。

フレッツ光を新たに導入する予定の人はもちろん、すでに利用している人も気軽に導入できます。フレッツテレビでは、通常「地デジ」対策として設置されるアンテナは不要で、地デジ対応テレビ(チューナー)があれば地上デジタル放送・BSデジタルが受信できるようになります。

フレッツテレビの特徴は悪天候に関係なく安定した高画質映像を堪能できることです。自宅の周辺に高圧線や高層ビルが建てられていたり、雷や雨によって映像が乱れにくくなっています。

また、一戸建て住宅であれば、フレッツテレビの光回線1契約で複数の地デジ対応テレビと接続することができます。フレッツテレビ契約と地デジ対応テレビさえあれば、通常必要となる地デジ視聴のための専用端末や受信機器(STBなど)も不要なため、宅内の配線もすっきりします。

ちなみに、配線はテレビとフレッツ光の回線終端装置を直接つなぐだけでOKです。

フレッツテレビの料金

フレッツテレビの月額利用料は682.5円(税込)ですが、オプションでスカパーなどのチャンネルを追加することもできます。

フレッツ光をすでに導入している人がフレッツテレビを申し込む場合は、「屋内同軸配線工事費」(6,825円)と「オプティキャスト施設利用登録料」(2,940円)のみの初期費用で利用できるようになります(テレビ1台の接続工事の場合)。

なお、屋内配線(テレビへの接続)を自分で行う場合は、屋内同軸配線工事費は不要です。但し、フレッツ光を新たに導入する場合(フレッツテレビは大元であるフレッツひかり回線の契約が必要です)はフレッツ光の初期費用(初期工事費+契約料)が別にかかるのでご注意ください。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る