光ファイバーの導入・費用・比較について知ろう!

一軒家に光を導入する場合


一軒家に光ファイバーを導入する場合、エアコンや電話用配管など既存の空洞を利用して光回線を引き込みます。
マンションとの違いは建物の中に直接光回線を引き込むという点です。このため光回線をマンションのように共有することがないため(例外を除く)、マンションと比較して高い通信速度が期待できるというわけです。

マンションの場合は、一軒家では光回線の引き込み後接続・・・という流れだったものの後に、更に共用部分への引き込みから各部屋へと配線が分岐していきます。
ちなみに、マンションの場合は管理組合からの工事の許可が必要になるため、インターネット回線の開通(接続)までの期間が長くなることがありますが、一軒家の場合は世帯主の同意があればすぐに工事に取り掛かれます。マンションと一軒家(ホームタイプ)での光ファイバーの開通の違いが大まかにわかったのではないかと思います。

一戸建て住宅の光ファイバー導入工事の流れ

一戸建てに光ファイバーを導入する場合、まずは電柱から住宅の外壁まで光回線の引き込みを行います。
建物までの光回線は電柱のクロージャから接続します。クロージャとは電柱に設置されている分岐装置のことで、電柱の光ファイバーの導線を分岐させる役割を持っています。住宅の外壁には屋外光キャビネットを取り付けます。この屋外光キャビネットはドロップケーブルとインドアケーブルの接続・配線に使われます。

次は屋外から建物の中に光ファイバーを引き込む工事です。通常は電話用の配管、エアコンのダクトといった既存の穴を利用して宅内まで配線します。宅内まで引き込まれた光ファイバーは、室内に設置した回線終端装置に取り付けられます。回線終端装置とはADSLのモデムと同様の機能を持った装置です。

ひかり電話を利用する場合は、回線終端装置の機能も兼ねた光電話ルーターが設置されます。また、必要に応じて「光コンセント」を置くことがあります。この光コンセントはいくつか種類があり、住宅の状況に応じて最適なものを選択できます。
回線終端装置からパソコンへの配線・機器の設定などは自分で行うことになります。
これらの設定は専用ガイドやCD-ROMをインストールするだけでいいので、特別な知識は必要ありません。
ただし、メールの設定や無線LAN接続の設定などがわからない場合は、オプションで訪問サービスを追加し専門スタッフに任せることもできます。

新築住宅に光ファイバーを導入したい

新たに建てる予定の一軒家に光ファイバーの導入を検討している場合は、設計段階から配管や機器の設置場所を考えておくと導入がいっそう楽になります。たとえば光ファイバーの引き込みに必要な配管、パソコンの設置場所とLANケーブルの配線、回線終端装置をどこに置くかなどはあらかじめ決めておいたほうがいいでしょう。

とはいえ、都心部では学生さんを中心に最近では新しい無線LAN接続規格を利用した「WiMAX」が人気を得ています。WiMAXサービスの大本はUQWiMAXが提供している
ネット回線サービスですが、1台のWiMAXルーターで無線接続ができて、最大5台まで同時接続が可能なので「配線もなにもかも面倒・・・家族のPC以外に、ipodもiPhoneもPSPも全部無線で接続したい!」という方にはお勧めだと思います。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る