光ファイバーの特徴について知ろう!

光ファイバーとは


光ファイバーは、ガラスまたはプラスチックの繊維から構成された通信ケーブルのことをいい。光を通すケーブルであることから「光ファイバー」と呼ばれている。また、近年では光ファイバーを使ってネット接続する方法を「光ファイバー」と呼称するようになっており、こちらが主流になってきている。

光ファイバーは、正式には「ファイバー・トゥ・ザ・ホーム(Fiber to the home)」と呼び、「FTTH」と略されています。

インターネットの草創期においては、ダイヤルアップやADSLが主流でしたが、最近は快適性(大容量データのダウンロードや動画閲覧利用など)を求めてADSLから光ファイバーに乗り換える人も増えてきています。

従来のアナログ回線と違い、地域、距離、時間帯に関係なく快適にインターネットができます。

これにより、動画の視聴や音楽のダウンロード、オンラインゲームなども速度の遅さにイライラせず楽しめるようになりました。

光ファイバーには「ホームタイプ」と「マンションタイプ」がありますが、どちらを契約するかによって料金が異なります。

プロバイダーによって料金は異なりますが、マンションタイプのほうが安い傾向にあります。ただし、マンションタイプはケーブルを宅内に引き込む工事をする必要があるため、マンションなどの集合住宅で利用する場合は大家さんの許可が必要です。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る