光ファイバーの特徴について知ろう!

光ファイバーのデメリット


高く安定した通信速度が特徴の光ファイバーですが、光ファイバーならではのデメリットもいくつかあります。光ファイバーのデメリットとしてよく挙げられているのは毎月の料金関連です。以下に光ファイバーのデメリットを詳しくまとめてみました。

ADSLよりも通信速度が遅いことがある?

ADSLよりも圧倒的な速度と安定性を誇る光ファイバーですが、状況によってはADSLよりも速度が遅くなる場合があります。

たとえば光ファイバーは一本の回線を複数の世帯で共用しています。たいていの光ファイバーは一つの回線を最大32人で利用しています。このため状況によっては利用者からの影響を受けて速度が落ちることがあります。たとえば他の利用者が大きなファイルのダウンロードなど、大容量のデータをやりとりしていた場合です。

これに対しADSLはNTT収容局からつながっている電話回線を利用するため、光ファイバーのように他の利用者からの影響を受けることはありません。


一戸建てタイプの料金が高い

光ファイバーのデメリットとして、料金が高いことがよく挙げられます。

ADSLが「タイプ1(電話共有型)」と「タイプ2(ADSL専用型)」に分かれているのに対し、光ファイバーは「マンションタイプ」と「一戸建てタイプ」に分かれています。

マンションタイプの料金は「回線を共用することが前提」となっているためそれほど高くないのですが、一戸建てタイプの場合は1世帯で1回線を独占する形になるため、どうしても料金が高くなりがちです。

また料金プランの種類もプロバイダごとに1~2種類しかないことが多く、選択肢が狭いことも欠点です。このため、ADSLのように「遅めの速度を選んで料金を節約する」ということがなかなか難しくなっています。

導入には工事などの手間がかかる…

ADSLは特殊なケースを除き、プロバイダから送られてくるモデムを設置するだけで簡単に導入できるため、申し込んでから1~2週間程度でインターネットが使えます。

これに対し光ファイバーの導入には電柱から自宅内に光ファイバーを引き込むという工事が必要になります。

このため、申し込みをしてから1~2ヶ月以上かかることが多く、場合によってはその間インターネットが利用できないこともあります。

通常、光ファイバーは電話用配管で室内に引き込みますが、この配管が空いていない場合はエアコンの通気口を利用したり壁に穴を空けることもあります。

また、マンションなどの集合住宅に新規で光ファイバーを導入する場合は、工事を行って問題ないかどうかについて大家さんや管理組合から”事前に許可を得ておく”必要があります。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る