無線LANについて知ろう!

無線LANとは

カテゴリ:

無線LANは、有線(LANケーブルなど)でインターネット接続をする方法とは異なり、その名の通り無線でネット接続をしてデータのやりとりをするLAN(Local Area Network)の一種です。無線であるため、ケーブルを接続しないことから”ワイヤレスLAN”と呼ばれることもあります。

現在最も普及している無線LANの方式は「IEEE 802.11」があり、多くの場合はPCカードに備え付けられている無線LANカード差し込み口に「無線LAN子機」となる専用カードまたはUSBを装着することで、無線でのネット接続が出来るようになっています。

また、最近ではパソコン内部に無線接続機器が予めビルトインされており、子機を用意せずにISPの契約・セットアップさえしていれば即インターネットにつなげる場合が多いようです。ちなみに、無線LAN接続内蔵のPCはノートパソコンが圧倒的シェアを占めており、デスクトップは自前で用意する場合が多いようです。

無線LAN接続のメリット

無線LANは家庭でのインターネットでも有効活用されています。

ADSL光ファイバーによってパソコンをインターネットに接続する場合、モデムとパソコンの間をLANケーブルでつなぐ必要があります。モデムは通常、ADSL光ファイバーともに電話機の近くに置くことが多く、モデムの位置は固定されがちです。

そのため、位置を変えることはなかなか難しく、モデムのある部屋以外では物理的にLANケーブルでの有線接続ができないため、インターネットを利用ができない…もしくは移動の手間があるというデメリットがあります(とは言いつつも、筆者の自宅ではつい昨年まで15mのケーブルを2部屋にまたがって引いて利用していました)。
そこで登場したのが無線LANで、LANケーブルが無くても電波によってインターネットに接続できるため、家中どこでもインターネットの利用が可能になります。

デスクトップですとパソコンの移動が難しいですが、ノートパソコンであれば重量的にも気軽に持ち運びができるので、ノートパソコン(ラップトップパソコン)を持っている人にとっては非常に便利な通信形態といえるでしょう。

また、LANケーブルが不要なことから、モデムとパソコン周りの配線もすっきりします。これらのことから、無線LANはノートパソコンやネットブックをご利用の方、複数のパソコンでインターネットに接続したい人におすすめといえます。

無線LANの利用はどうすればいいの?

ADSL光ファイバーにおいては、契約したISP(インターネットサービスプロバイダ)のオプションサービスとして追加利用できるようになっています。

この場合は無線LAN機能つきのモデムをレンタルし、毎月のオプション料金が追加されることがほとんどです。逆に、ISPへの無線LAN対応モデムのレンタル料を毎月支払いたくない…という場合には、自分で無線LAN用のルータを購入し、モデムと接続することで無線LANを利用することも可能です。

なお、上記の場合モデム側が無線親機となり、パソコン側には無線LANカードやUSBアダプタを差し込んで子機として通信を行います。

公衆無線LANとは

公衆無線LANとは、駅、空港、ホテル、飲食店、公共背施設などの各種公衆スポットでインターネットに無線接続できる無線LAN形態の一種です。

ノートパソコンなどには無線LAN機能が内蔵されたものが多くありますが、これらの機能もしくは専用のアダプタを接続することによって、外出先でもインターネットの利用が可能になります。ちなみに、公衆無線LANにアクセスできる場所のことは無線LANスポット、ホットスポット、アクセスポイントと呼びます。

無線LANあまり語られない危険性について

無線LANは、電波でのデータ送受信を行うため場合によっては、その内容を傍受されてしまう場合があります。

【1】不正アクセスによる被害
セキュリティ対策が十分でない場合、自分のパソコン内部のデータが閲覧されてしまったり、場合によっては悪意あるユーザーによって削除されてしまう場合があります。

また、不正アクセスされてしまったパソコンで利用していたブラウザのオートコンプリート機能(保存したIDとPASSが自動で入力される支援機能)で、ネット通販などに簡単にログインされてしまい、登録していたクレジットカードが悪用されてしまう場合があります。

とはいえ、クレジットカードには「三井住友VISAバーチャルカード」というネット利用の保険が効くネット決済専用カードもあり、カードを悪用されても保険の範囲内で保障をしてくれる場合がほとんどです。

ただ、一番やっかいなのは”カード与信額(決済可能額)を超えた利用をされてしまいカード引き落としでの支払いではなく、サービス提供者側(ネット通販など)でコンビニ振替などに自動的に決済が変更されてしまった場合”です。

この場合、クレジットカードを通さないためカードの保険は効きません。このような場合は、サービス提供者側によって対応が変わってきますが、十中八九情報の開示(プロバイダ責任法に基づくIP等の情報開示)はしてもらえず泣き寝入り…つまり、全額支払いをすることがほとんどとなっています。これは実際に、私が某日本ナンバーワンのポータルサービスのIDを盗まれてしまい、有料サービスを勝手に利用され35万円近くを払ったという経験からも確かでしょう(嫌な経験ですねw)

 

【2】接続キー(パスワード)未設定による回線ただ乗り
長年快適ネット接続が出来ていたのに、ある日を境に急にスピードが出なくなってしまった…という場合には、以下の原因が考えられます。

・マンションタイプの契約で利用世帯数が増えた
・プロバイダ側でなんらかの帯域制限をしている(一時的な問題)
・第三者による回線のただ乗り(←問題はココ)

最初の2つは無線LANによる問題ではありませんが、一番最後のものは明らかに「無線LANのパスワード未設定」が原因となっています。無線LANに接続するための接続キー設定をしていない場合、電波を察知した第三者がいつでも勝手な乗り入れが出来てしまいます。

もし、この第三者がインターネット回線の帯域を占有するようなことをすれば、それだけみなさんが利用できる帯域は狭まり、速度も遅くなります。また、同一LANに第三者が入れてしまっていることになるため、共有設定をしているデータが覗かれてしまうこともあります。知らず知らずのうちに、自分のPCがスパムメールの発信元として悪用されていた…という事例もあり、気づかずに犯罪者にされてしまうこともあります。

これら【1】【2】が起こらないようにするためにも、無線LANのセキュリティ設定は重要なものとなっています。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る