無線LANについて知ろう!

無線LANのセキュリティについて

カテゴリ:
無線LANのセキュリティについて

現在、無線LANで利用されているセキュリティのための暗号化方式は3つあります。

【1】WEP方式
【2】WPA-PSK(TKIP)方式
【3】AES(Advanced Encryption Standard)方式

WEP方式は、WEPキーという暗号化のキーワードを使ってデータを暗号化する方法でほとんど無線LANルータに「デフォルトWEPキー」のシールが貼り付けられています。
WEPキーは64ビットまたは128ビットの2種類が利用できるようになっており、ビット数が大きいほど暗号化が複雑になり解読されにくくなります。

また、【2】の「WPA-PSK(TKIP)方式」は、暗号化の方式は先述したWEP方式とかわらないものの、一定時間ごとに暗号キー(暗号鍵)を自動変更することで更に解読されにくいセキュリティ環境の構築を可能にしています。

最後の【3】の「AES(Advanced Encryption Standard)方式」はSPNという構造を利用した暗号で、128ビット・192ビット・256ビットの3つを利用して通信中に暗号鍵を変更し続けるようになっています。
WEP方式の暗号化技術の問題点を解決するために考案された暗号ということもあり、強固な堅牢性を誇っているといわれています。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

  • 無線LAN
  • 無線LANのセキュリティについて
TOPへ戻る