WIMAXについて知ろう!

WiMAXのMVNOとは

カテゴリ:

WiMAXのサービスは、UQコミュニケーションズが提供しているUQ WiMAX(ユーキューワイマックス)以外にもインターネットサービスプロバイダー(ISP)各社が提供しており、「?」となっている方も少なくないと思います。

MVNOの正体

これには、MVNOという”仕組み”がある事を理解しておく必要があります。

MVNOとは、「Mobile Virtual Network Operator」の略で『仮想移動体通信事業者』を意味します。MVNOは、niftyやBIGLOBEなどのISP”UQコミュニケーションズの通信インフラを借り受けて同一のサービスを自社ブランド名で提供”することを指すものです。

この仕組みにより、WiMAXの回線を自社で用意しなくても「仮想的に持っている(=借り受けている)」ものとして、ISP各社はエンドユーザーにサービス提供することができるようになっているのです。

このMVNOという仕組みは、実はWiMAX以外でも利用されており、たとえば「携帯電話サービス」に視点を移すと、ディスニー携帯がソフトバンクモバイルの通信・回線インフラを借りて携帯電話サービスを提供しており、それ以外にもMVNOの仕組みを利用している事業者は数多くあります。

MVNO事業者とUQコミュニケーションズのどちらで契約すると安いの?

WiMAX利用を検討されている方は、料金面も検討事項として(むしろ安さの一点張りかもしれませんが・・・)考慮されているのではないかと思います。

普通に考えると、UQ WiMAXコミュニケーションズが回線を押さえている大元であるため「UQで契約した方が安い」と思いがちです。

しかしながら、割引キャンペーン各種を揃えているISPの方が実質的に支払う費用としては、安くなったりするのが現実だったりします。

WiMAXは、2009年に実証実験が完了して商用展開がはじまったのですが、毎月10万ユーザー近くが増加しつづけており、2011年2月現在ではユーザー数は既に60万人間近となっています。

同じ高速モバイル通信では、現在ユーザー数300万人のイーモバイルが一日の長がありますが、そう遠くはない未来に追い抜かれる可能性も多いにあります。

このユーザー数の増加もあり、MVNOを利用しているISP各社にとっては加入して欲しいサービスプラン…でもあるわけです。加入者を増やすためには、キャッシュバックなどの「割引キャンペーン」が提供されることは当然のように実施されることになります。

このようなこともあり、本家本元のUQコミュニケーションズ(UQ WiMAX)で契約した方が安い・・・とは一概には言えないのです。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

  • WIMAX
  • WiMAXのMVNOとは
TOPへ戻る