特集コラム-はじめてのインターネット コミュニケーションについて知ろう!

SMS(LINEなど)


SMSとは

SMSとはShort Message Serviceの頭文字を取った略称で、携帯電話やスマートフォンを使って全角文字だと70字程度、半角英数字で160字程度の短い文章のやり取りをするサービスの事を言います。

現在では違うキャリア間でもSMSの利用が可能となりました。

また、携帯電話の爆発的な普及によってSMSを発展させた高機能型のメッセージサービスであるMMSサービスと統合したメッセージサービスを提供している場合もあります(iOS4.0以上のiPhone、LINE等)。MMSを使うとロングメールや画像や音声ファイルの添付などが可能となります。

SMSの利便性

SMSと電子メールの違いについて説明しましょう。

基本的にSMSはメールアドレスではなく電話番号を認識してメッセージのやり取りが出来る機能です。

つまり、SMSは電子メールとは違い通常の通話と同様に扱われるているのです。

したがって電子メールの様に受信側もサーバーに接続するための通信料が発生するような事も無くインターネットに接続出来ない環境下でも電話が通話可能な状態であればメッセージのやり取りが出来ます。

最近のインターネット接続サービスは定額制が一般的なので電子メール受信時の通信料負担を意識する事は少なくなりましたが、今でも従量制で通信を行っているユーザーは電子メール受信時にも通信料の負担が発生します。

一方でSMSを利用するとキャリア間送信時には通話料が発生しますが、同じキャリア間では無料通話となっているケースが殆どですし、仮にキャリア間送信をしても送信までは一瞬の時間しか要しないので一回3.15円の負担で済みます。

したがって短いメールに関しては何かとSMSを利用した方が利便性が高いと言えますね。

日本の場合、殆どの人がインターネットに関しては定額制を選択しているので電子メールを使用してもあまりデータ通信料云々を意識する必要は無いとおもいますが、プリペイド式の携帯電話やSIMフリーのスマートフォンを使っている人はデータ通信料を意識する必要が生じる場合があります。


スマートフォン時代のSMSの広がり

SMSは電子メールと違いインターネットサーバーを経由させる必要性が無いため、即時性や確実性において電子メールよりも優れていると言える機能ですので、多くの企業や自治体の緊急連絡網として採用されています。

また、金融機関がセキュリティ強化のために口座取引の情報をSMSを使って随時送信しているケースもあります。

更に今日本で大ヒットしているLINE(url : http://line.naver.jp/ja/)もメッセージ機能はSMSと同じ技術を使って構築されています。

しかしながらSMSとLINEには違いもあります。SMSの場合キャリア間メッセージの送信には料金が発生しますがLINEの場合はインターネット通信料が定額制の場合無料となります。

これはSMSが通話料としてカウントされるのに対しLINEの場合はデータ通信のパケット代としてカウントされるためです。ちょっと紛らわしいのですが、覚えておくと良いでしょう。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る