特集コラム-はじめてのインターネット コミュニケーションについて知ろう!

SNS


SNSとは

当サイトでも度々登場しているSNSですが、今ではインターネットライフにおいて欠かす事の出来ないコンテンツに成長しました。

SNSとはソーシャルネットワーキングサービスの頭文字を取った略称の事でSNSと言う言葉を聞いた事は無くても、Facebook、ツイッター、mixi、ソーシャルゲームなどの単語はネットを利用した人なら一度は見かけたり耳にしていると思います。そしてこれらは全てSNSなのです。

SNSの意味

SNSはSocial(社会的な)Networking Service(ネットワークサービス)の頭文字三文字で表される略語です。

言葉の意味は訳の通り社会的なネットワークサービスをインターネット上に構築するという意味です。

しかし、この言葉が意味する内容は広義なもので一様のスキームをもってSNSと定義する事は難しいと言えるでしょう。

現在最も一般的なSNSはFacebookやツイッターなどサイト毎にアカウント(IDとパスワード)を取得して参加するタイプが一般的です。

こうしたSNSではプロフィールを登録して、条件付きで公開し、SNS上の色々な人と繋がる事を目的とされています。

一方でソーシャルゲームなどではゲームユーザー同士がネット上でオンタイムでプレイを楽しんだり、ミッション(指令)をクリアしたり、ユーザー同士の情報交換などを楽しむ目的で構築されています。

それ以外でも価格ドットコムの様に流通市場上の価格調査をユーザーのクチコミで募集したりネットワークを駆使して最安値情報を流したりというのもSNSですし、Yahoo!のようにトップページに様々なコンテンツを表示して多様なサービスを展開するポータルサイトもSNSの一種と言えます。

これに対してブログ単体のサイトや個人的なホームページ等は公共性があまり重要視されていないためこちらはSNSとは呼ばないのが一般的です。

SNSの楽しみ方

ここからはSNSの楽しみ方を説明していきたいと思いますが、世界中で最も利用されているSNSであるFacebookを例に説明をしていきましょう。

まずはFacebookの公式サイトにアクセスし、アカウントを取得してプロフィールを設定するところから始まります。

SNS内では様々なサービスが展開されていてプロフィールの公開範囲を設定(非公開も可能)し、色々な人と交流を深める事が目的となります。

そのためにもSNS内のブログコンテンツやつぶやきコンテンツなどを効果的に利用して更新情報がSNS内の人の目に触れやすくするのが友達を増やすコツとなります。

自分自身も気になる人の発言を見つけたら積極的に閲覧して共感出来た場合には友達申請をする事でユーザー同士の繋がりが広がっていきます。

またイイネ!というボタンを押したり足跡を残す事でもそのユーザーの注意を引きつける事が出来るので交流のきっかけになるでしょう。

SNS内で発言した内容はタイムラインとよばれる時間軸で制御された順番に降順で表示されます。

平たく言えば発言した順番が新しいもの程SNSのページ内の上部に表示されるという事です。

Facebookでは繋がった人の事を友達と呼びますが、ツイッターではフォロアーと表現します。SNSを利用する料金は基本的に無料です。


SNSの社会性とSEO対策

企業サイトや通販サイトなどでは可能な限り幅広いユーザーに自社製品や取扱商品の情報を知ってもらうために様々な手を尽くします。

マスコミで広告をしたり、インターネット上に三行広告を出したり、メルマガを発行するのもそのためです。

特にインターネットの利用者は日本の場合全国民の80%以上にのぼると言われているため、ネット上の広報活動は重要な意味を持っています。

現在世界中で最も利用されている検索エンジンはGoogleでこれはロボット型と呼ばれるタイプになります。

ロボット型の検索エンジンはインターネットブラウザで閲覧可能な全てのサイトがアップロードされたタイミングで特定のキーワードにヒットしたものを更新された順番が新しいものから順に表示していきます。

検索サイトの最初のページの事をファーストビューと読んでいますが、ネットユーザーの大半が検索した時ファーストビューの上位数件分の情報からリンクを辿るというデーターがあり、これらの順位はマーケティング上とても重要視されています。

そこで検索エンジンのファーストビュー上位を獲得する事をSEO対策と呼び、企業はより高い宣伝効果を得るためにSEO対策に注力しています。

しかし、SEO対策は更新が最も重要となるため商品毎の公式サイトを開くなど大きな人件費をかけて運営しているのですが、SNSを利用すればもっと少ない労力で高い宣伝効果を得ることが出来ます。

ツイッターでは何か一言つぶやけば良いですし、Facebookなら短い日記をアップすればそのサイトが更新された事になるからです。

こうした事情を背景に最近では企業も積極的にSNSを利用しています。

例えば企業名でアカウントを取得して新商品が出るとファンページを公開したり、新商品のモニターテストの模様をSNS上で公開したりすると、それでSNSは更新された事になりそこから企業サイトやショップサイトへと誘導する事で効果的なSEO対策になるのです。

またSNSで自社サイトを構築しておけば公開のスキームはSNSで決められた方法で行えば良いため独自にサイトを構築するよりも労力も費用も圧縮する事が出来ます。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る