特集コラム-はじめてのインターネット 情報収集について知ろう!

フィードという概念・・・RSSについて知ろう

カテゴリ:


RSSとは?

RSS(アールエスエス)機能、恐らくインターネット初心者の方は初めて耳にする言葉では無いかと思います。

ただ、今まで誰かのブログを閲覧した事がある人ならブラウザのアドレスバー(URLが表示されているフィールド)やブログのどこかにオレンジ色をしたRSSのボタンを見た事がある人もいるのではないでしょうか?

RSSは「ニュース」の章の最後の方で紹介したニュースリーダーとういアプリと良く似た働きをする拡張機能の事です。それでは以下にRSSについてもう少し具体的に説明していきましょう。

RSSの働き

インターネットを頻繁に利用する様になると誰かのブログが気に入りそこにブックマークをして毎日訪れる様になるでしょう。

しかし、ブログの更新は不定期な事が多く、せっかく訪れても昨日から変化無しって事も多いものです。

そこでRSSにそのブログを登録しておけば、何か情報が更新された段階でRSSの一覧に自動で追加されていきます。

しかもRSSに登録出来るのは一つのサイトだけでなくRSSフィーダー(上記したオレンジ色のボタン)を持つサイトならいくつでも登録出来ます。これであなたはブラウザを開いてRSSを見てみるとそこには更新された情報一覧が表示されているので後は気になるサイトの情報をクリックすれば良いだけという事になります。

つまり気になるブログが更新されているかどうか、また更新されているならその内容が更新された時系列順で一覧表示されるため、簡単にそのブログやサイトの更新情報を把握することが出来るというわけです。

これはヘビーなネットサーファーになればなるほど重宝する機能なのです。

先に説明したニュースリーダーの場合、ネットニュースに特化したサービスですがRSSはRSSフィーダーを設置しているブログやサイトならネットニュースで無くても利用出来るというメリットがあります。

現在ブログを利用している人の多くは自分自身でソースを書いてサーバーをレンタルしてブログを構築するスタイルでは無く、プロバイダーやポータルサイトやSNS等が提供している無料のブログサービスを使っているのが殆どで、こうした公共性の高いサイトが提供しているブログには必ずと言って良い程RSSフィーダーが付加されているので訪問するブログの更新情報を一元管理出来る便利な機能と考えて良いでしょう。


RSSのこれから

個人のネット利用の大半をブログが占めていた時代にはRSSは大変便利な機能でした。

しかし、日本でもFacebookやTwitterの利用者が増加するにつれこの傾向にも変化がもたらされています。

FacebookやTwitterには最初からフォロー機能が付いていてその利用が前提でサイトが構築されています。つまり、敢えてRSSを意識しなくてもそのアカウントをフォローすればそのユーザーの発言や日記を管理する事が出来るのです。

しかもリアルタイムで。。。

現在ネットの世界ではFacebookやTwitter式のSNSが一般化されつつあるのでRSSの利用者は減少していく傾向にあるのでは無いかと予想されています。

現実にGoogleではRSS機能を持つGoogleReaderのサービスを2013年の7月で停止する事を公式にアナウンスしています(元ソース:http://japan.internet.com/webtech/20130315/1.html)。

RSSがこのような状態に追われてしまったのはやはり素人には分かりづらい機能だからだと考えられます。

同じ様な事がFacebookやTwitterのフォローで出来るので分かりやすい機能であればもっと利用者数は増えていたのでは無いかと思えるのです。

と、言うよりも本来はアカウントの制限を受けない分RSSの方が自由度は高いはずなのですが、現実的にはFacebookやTwitterに押されてしまったという印象が拭いきれません。分かりやすいコンセプトで機能をリリースするのが如何に大切かということがこのことからも分かります。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

  • 情報収集
  • フィードという概念・・・RSSについて知ろう
TOPへ戻る