特集コラム-はじめてのインターネット Webサービスについて知ろう!

電子書籍

カテゴリ:


電子書籍とは

本記事では電子書籍について説明していきたいと思います。

電子書籍とはスマートフォンやタブレット端末や専用端末を利用して気軽に書籍を読む事が出来るサービスです。

活字離れが進む現代において出版業界が鳴りもの入りで始めたサービスでマスコミでも大きく取り上げられました。

電子書籍を読むためのアプリや端末をリーダーと言いますが、使用感は実際に本を読むのと同様のページをめくる感覚や音までもが忠実に再現されているリーダーもあって中々良いと思います。

ただし、多くの課題も電子書籍を巡る環境から見て取る事が出来ます。

タブレット端末と専用端末の違い

電子書籍を読むには専用の端末若しくはアプリが必要です。

実は今でこそタプレット端末としての性能も評判の良いアマゾンが提供しているKindle Fire HDも元々は電子書籍のための専門端末なのです。

また、楽天が出しているkoboやソニーが出しているReaderも電子書籍の専門端末です。

この様な専門端末は元々電子書籍を読むために特化した端末ですのでインターネットや動画の閲覧、ゲームなどはオマケとして付いている程度でした。したがって決して操作性が良いとは言えません。

モニターもE-Inkと呼ばれる滑らかな活字を読むために特化したものでモノクロの仕様が多く、画像や動画を見る際の解像度は他のタブレット端末と比べれば数段落ちるものが多いです。

ただ、端末の料金そのものは安いし、活字を読むのには目の疲れにくい解像度でモニター設定されているため読書好きの人なら本を何冊も持ち歩くよりは軽量で良いと思います。

一方でタブレット端末の方はパソコンとほぼ同等の事が出来、その一つの機能として電子書籍のリーダーアプリがリリースされているという状況です。

外観はよく似ていますが中身の設計思想が全く違うというという事ですね。唯一先述したKindle Fire HDだけがこの両者を上手く融合した端末と言えるでしょう。


垣間見える電子書籍の課題

電子書籍は出版業界が生き残りをかけて打ち出したものでしたが、リリース後のユーザーの動向は今ひとつ活性化が見られません。

そこにはそれぞれの出版社と日本の出版業界が抱える大きな課題が見え隠れしています。

アメリカではそこそこ活況を見せている電子書籍が日本では苦戦を強いられている背景には著作権と販売価格の壁があると指摘する専門家もいます(ソース元 : http://www.asahi.com/business/topics/toyoeye/TKY201211260337.html)。

つまり、アメリカでは電子書籍の著作権と紙媒体の著作権を一元管理出来るのに対し、日本では別々に管理されるため統合性が保てないというデメリットとアメリカでは紙媒体に比べ電子書籍の方が安く提供されているのに日本ではどちらも同じ価格で販売されているという現状が問題だと言うのです。

最初に挙げた著作権の壁のせいで日本では何か電子書籍を読もうと思ったら専用の端末かアプリが必要となります。

つまり、裏を返せば楽天で売られていない書籍はkoboでは読む事が出来ないし、アマゾンで売られていない書籍はkindleで読む事が出来ないのです。

ならばタブレット端末はどうか?と言うとやはり出版社や販売店毎に別のリーダーアプリをインストールする必要がありとても利便性が高いとは言えないのです。

これが音楽ならiTunesやGoogle+、Windows Media Player等があれば販売元を意識しなくてもどんな音楽でもダウンロードしてそこに保存したり、リッピング(CDなどをデジタルダビングする事)する事でスマートフォンやタブレット端末で再生出来ますが、電子書籍の場合は出版元が違うといちいちそれ専用のリーダーが必要という非常に不便な事を消費者は強いられる訳です。

iOSやAndoroidには元々優れたリーダーアプリがプリインストールされているにも関わらずそれを利用せずに自社で好き勝手なリーダーを作ってそれを利用する側に強要してくる訳ですから、積極的に利用しようとする意欲が湧かなくても当然と言えば当然ですね。また電子書籍の場合、印刷や装丁、流通コストは紙媒体よりもかなり圧縮出来るはずなのに新刊本が出れば電子書籍の方もハードカバーの書籍とほぼ同じ値段で販売されています。

アメリカなどでは25ドル以上する本が電子書籍では10ドル以下で売られるのが当たり前となっていますから、これでは古本が半値で売られるのを待ちたくなる消費者心理も理解できます。

これらの壁を打破出来ないうちは日本での電子書籍の広がりは難しいと言えるでしょう。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る