特集コラム-はじめてのネットセキュリティ セキュリティのことはじめについて知ろう!

ランサムウェアとは


ランサムウェアとは

ランサムウェアもマルウェアの一種で、ユーザーのデータを監禁し、解放の見返りとして金銭を要求してくる悪質度の極めて高いソフトウェアの事です。

このタイプのコンピューターウィルスとしてはトロイの木馬が最も有名です。

ランサムウェアの手口
多くのランサムウェアは他のソフトウェアに紛れてパソコン内部に侵入(それ故にトロイの木馬と呼ばれています。トロイの木馬についてはまた後ほど詳しく説明します。)して、保存ファイルを勝手に暗号化したりパスワードを設定して、ユーザーが正常にファイルにアクセス出来ない状態にしてしまいます。

ユーザーがアクセスしようとすると不正アクセスのアラートを表示し、正常にアクセス出来る状態に戻して欲しかったら、解除するパスワードやアクセスキーを教える対価として金銭を要求してくるのです。

この警告に応じない場合はデータを永久に失うか、一定時間毎にファイルを削除していくと脅しをかけてくる場合もあります。

これまでに発見されたランサムウェア
これまで被害が報告されているランサムウェアとしては2005年に発見された「GPCode(PGPcoder)」、2006年に発見された「Cryzip」などが有名です。

過去に発見されたランサムウェアは最新のファイヤーウォールでブロックする事が出来ますが比較的新しいランサムウェアについては感染すると確実に被害が出ると予想されます。

これらのマルウェアがコンピューターウィルスと呼ばれる様になったのもこのランサムウェアの暗躍による所が大きく、マルウェアの開発→デバイスに感染→セキュリティファイルの開発と常にセキュリティファイルの方が後追いになってしまうのがちょうどウィルスとワクチンの関係性に似ているからだと言われています。

現実社会でも新種のインフルエンザウィルスが人類にとって大きな脅威になっているのと同様新種のコンピューターウィルスの脅威は常に私たちのITデバイスを脅威に陥れるのです。


防御対策
ランサムウェアの脅威を防ぐにはまず第一に不審なファイルや身に覚えのないファイルを開かないという事が大切です。

特にトロイの木馬型と呼ばれるコンピューターウィルスは他のファイルに隠れているためファイルの実行を行わない限り感染する事はありません。

見ず知らずのメールに添付されているファイルを安易に開く事で感染するケースが多いので発信元が身に覚えのないメールは受信しない様にメーラーを設定しておくようにしましょう。

またメールの添付ファイルやネットからダウンロードしてきたファイルを開く時はそれが例え知り合いから送られてきたものであったとしても必ずセキュリティソフトを通す様にしましょう。

過去に発見されたタイプのランサムウェアが検出された場合には警告文が表示されます。その時は間違っても開かないようにして下さい。

そして万が一ランサムウェアを発見したらセキュリティーベンダーと呼ばれるセキュリティソフトの開発者やウィルス駆除を専門としている事業者に連絡をして対策を講じるようにして下さい。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る