特集コラム-はじめてのネットセキュリティ セキュリティ6つの対策について知ろう!

データやPCの持ち出しに注意しよう


データやPCの持ち出しに注意しよう

画像データや動画データを他人に配布したり、SNSや外部ストレージ(クラウドサービス等)を使って共有する場合や、パソコン本体を他人に貸し出しする場合または、出張先などでホテルやカフェのLANを使ってインターネット接続する場合などは個人情報の流出に要注意の時です。

 

Exif情報に要注意!

最近のデジカメには簡単にSNSに画像をアップロードする機能がついている機種も増えました。またスマートフォンやタブレット端末のカメラ性能も上がり、パソコンやネットワークテレビで閲覧してもあらの少ない綺麗な画像を見る事が出来ます。しかし、こうした画像データは電子化されたデータです。つまり、そこには撮影日時、露出情報などが詳細に記録されています。これらの情報をExif(エグジフ)情報と呼んでいるのですが、GPS機能がついている機種の場合、撮影場所の情報もExif情報として記録されるため、例えば自宅で撮影した画像や動画の場合、自宅の位置がExif情報から簡単に割り出す事が出来てしまいます。こうした情報を安易にSNSや掲示板にアップしたり、共有するとExif情報をばらまく事になってしまいますので、十分注意しましょう。画像や動画は一度Exif情報を削除するアプリに通してからアップするのをお勧めします。

外出先のLANコネクタに注意!

ホテルやカフェ等ではインターネット接続用のLAN端子を備え付けている所もあります。しかし、こうした端子はちょと細工をするだけでパソコンに接続すると同時に内部に保存されている個人情報やパスワード情報を含めた全てのファイルを盗み出す事も可能ですので、十分注意する事が必要です。その仕組みの概要だけを説明するとLAN端子に直結させてそこに接続された端末から自動的にバックグラウンドでバックアップを取るウィルスを注入する装置やプログラムを潜ませておく事が出来るのです。新規のネットワークに接続するとパソコン内でそのLANを構築するのにしばらく時間がかかりますが、その時間を悪用してバックアップを取ったりスパイウェアに感染させる事も専門的な知識があれば不可能では無いのです。このような事態を防ぐためには直接LANケーブルを使って接続するのでは無く、セキュリティソフトを内蔵したポータブルの無線LANルーターを使うか設備内のLANを利用しなくても良いモバイル無線LANルーターを使うのが安全でしょう。

 

知人であってもパソコンの貸し出しは注意しよう

パソコンを他人に貸し出す場合も注意が必要です。疑いたくはないですが、その知人も知らないうちにあなたの個人情報を流出させている可能性があるのです。例えば先に説明した画像や動画のファイルをネットで配布するだけでその知人は知らないうちに撮影場所が記録されたExifデータをばらまく事になってしまいますし、あなたの端末を使ってネットサーフィンをする事でスパイウェアに感染し、パソコンの中身を丸ごと盗み出されるかもしれません。このように知人に悪意はなくとも個人情報は簡単に流出してしまうのです。そのためにもPCを貸し出す時は複数のユーザーで使える様にPC内部をパーティションで分割し、ゲスト用の領域を作り、アクセス制限をかけて他のファイルにログイン出来ないようにしておく必要性があります。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る