特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

引越しを決めたらまず何をする?ネット環境の引越しについて知ろう!

引越しの予定が決まったら、さまざまな手続きを開始しなくてはいけません。

電気やガス・水道といった住まいに関する手続きはもちろん、仕事先や学校・自治体への届出、保険やクレジットカードの住所変更も忘れずに行いましょう。

さらに、ネット環境の引越し手続きも、忘れてはいけません。

プロバイダの引越しには余裕を持った手続きが必要

引越し準備はやることが非常に多く、優先順位の低い物はつい後回しにしがちです。 しかし、手続きをしてもすぐには反映されない物もあります。 ネット環境の引越しも、その一つ。

一般的に、ネット環境の引越しはモデムなどの周辺機器の「取り外し」と「取り付け」の2種類の作業が必要になります。

回線会社に引越し手続きを申し込むと、作業に来てもらう日取りを決めることになります。 会社によっては、「取り外し」と「摂り付け」が別の作業員になることもあり、「取り外し」は引越し前日以前に行われることが多くなっています。

春先や秋の引越しシーズンでは、ネット環境の引越しも需要が増え、申し込みから作業日までかなりの間が空くこともあります。 引っ越してすぐにネットを使いたい、使えないと困る、という人は引越しが決まった時点で早めに手続きをしておくと安心です。

新居でのネット環境についてイメージしておく

引越しをすると、部屋の広さや間取りはもちろん、テレビやパソコンの設置できる場所も変わります。 大まかな家具の配置を考えるときには、パソコンやケーブルの位置がどうなるかも、合わせて考えておく必要があります。

特に旧居より新居の方が広い場合、ケーブルが届かなかったり、コンセントが足りなくてコードがごちゃごちゃしてしまった、なんてことも起こり得ます。

パソコンを日常的に良く使う人や、ネット環境にこだわりがある人は、パソコン周りの配置から決めていくのも良いかもしれません。

また、引越し当日のスケジューリングも重要です。 当日にモデム類の摂り付け工事が入る場合は、ガス開栓手続きやエアコンなど家電の取り付け、立会いが必要な他の手続きとの兼ね合いを考慮しておきましょう。

テレビもネットにつなげるという場合は、テレビ配線を先にしておく必要があることも。 新居への荷物の運び込みが完了していないうちに、ネット配線の作業員が来てしまうと取り付け作業が始められいなんていう事態になってしまうので、注意が必要です。

プロバイダの引越し・乗り換えも検討しておく

引越し時はネット契約の見直しの好機。 引越し会社によっては提携しているプロバイダがあり、引越しに合わせて乗り換えるとお得になる、というサービスを行っているところもあります。

また、新居のネット環境が旧居よりグレードの高いものだった場合、回線速度や容量などをアップさせることもできます。 プロバイダ選びと並行して、契約内容についても見直すことをオススメします。

逆に、今まで快適に使えたネット環境が、新居では使えなくなるなんてケースもありますので、もし不安なときは今使っているプロバイダに確認・相談すると安心です。

引越しを決めたら、まずは各種手続きと合わせてネット環境の引越しをどうするか考えましょう。 できるだけ早めに、余裕を持った手続きをすることで、新居でも快適なネット環境を維持することができますよ。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る