特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

引越しに最適な季節と要注意な季節とは

観光やレジャーに最適なシーズンがあるように、実は引越しにも最適な季節とあまりオススメできない季節があるのをご存知ですか?特に要注意な季節については、荷物の運搬作業がスムーズにできない可能性もあり、リスクについて知っておくと安心なのです。

引越しするならココ!最適な季節とは

まずは引越しに適した季節について見てみましょう。快適に引越しができるのは、5月頃と、10~11月の秋の中頃。なぜかというと、第一に気候の良さが挙げられます。

引越しはだいたい1日がかりの大イベント。荷物の運搬から新居・旧居の掃除、隣近所への挨拶や新しく入用な物の買出しなど、やることが山積みです。屋外を行き来する時間も多くなり、もちろん天気は良い方が楽です。大掃除をしても床や壁がすぐに乾く上、窓を開けておいても快適な時期なので荷物の運搬に伴うほこりなども気になりません。

さらに、引越し時は家電がすぐには使えない状態になります。一番重要なのがエアコンで、夏の盛りや真冬の引越し時は、エアコンの設置時間によっては非常に大変な思いをする可能性が。

例えば、エアコンの取り外しが前日で、取り付けが引越し当日の夕方になる、なんてケースも珍しくありません。これが真夏の暑い中だと、引越しに備えて早く寝なくてはいけない前日の夜は蒸し風呂状態で、新居で荷解きをするときもエアコンが使えないので汗だく、なんて事態になるかもしれないのです。

引越しはそれだけで心身ともにぐったり疲れる作業ですが、暑さや寒さによって余計な疲労が溜まってしまわないよう、気候の穏やかな季節に行うとベターなのです。

引越しに要注意の季節とデメリット

では逆に、引越しをするのに要注意な季節について見てみましょう。6月の梅雨シーズンと、秋の台風シーズンが、実は要注意な季節なのです。

なぜかといえば、これも気候に関するデメリットが多くなるから。梅雨時は部屋や荷物も湿りやすく、荷造りによって通気が悪くなると大切な荷物や旧居の壁などにカビが発生する可能性があります。家具や家電の裏側の壁にカビが生えることもあり、部屋全体の掃除をしてもなかなか乾かないこの季節は、さらにカビが多くなる恐れもあります。

一般的に旧居の引き払い時は大家のチェックなどが入り、敷金の返還が行われます。壁や天井のカビはクリーニング代を請求される可能性があるので、注意が必要です。気候の良いシーズンなら、窓を開けて風通しを良くしたり、壁や押入れなどを拭き掃除してもすぐに乾くので安心です。

台風シーズンのデメリットは、最悪の場合荷物が予定通りに運搬できないこと。近年は大型の台風が多く発生するようになり、日本中どこが直撃されてもおかしくない状態です。

長距離の引越しの場合、特に荷物の運搬はリスクが高くなります。台風の直撃を受けなくても、大雨や風によって道路が混んだり、高速道路が閉鎖されてしまうことも。荷物を載せたトラックが新居に辿り着けない、なんて事態も起こり得るのです。また、逆に依頼者自身が新幹線の不通などで新居まで行けない、なんて可能性もあります。

台風は事前の予報とは異なる動きをすることも多く、なかなか予測が難しいもの。ケースに応じて業者の保険やオプションサービスなどで対応してくれることもありますが、新居で荷物が届かないとその後のスケジュールが狂ってしまう大惨事に。

今回ご紹介した引越しに要注意な季節について知っていると、最悪の事態を予想してデメリットに備えることができます。どうしてもこれらの季節に引越しをしなくてはいけない場合は、不測の事態に備えた引越しを計画しましょう。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る