特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

引越しの前後はゴミ出しに注意!特に生ゴミは要注意!!

引っ越しは当日だけでなく、数週間前から計画的な準備が必要です。荷造りや家具家電の掃除などは多くの人が気を使いますが、うっかり忘れやすいのが「ゴミ」の処理。特に生ゴミに関しては、注意が必要なのです。

引っ越し当日の生ゴミ、どうしていますか?

引っ越しの数日前から、冷蔵庫を空にしておく必要があります。できるだけ調理なども控えて、余計なゴミが出ないように計画的に生活するのがおススメ。
しかし気をつけていてもつい出てしまうのが生ゴミです。特に引っ越し当日の朝食で出た生ゴミは、場合によっては新居まで持っていかなくてはいけないことも。

引っ越しをするときには、旧居はできるだけきれいにして返還するのが原則。室内にゴミを残さないのはもちろん、収集日以外のゴミを集積場に置いていくことを禁止しているところも少なくありません。その場合、生ゴミといえども持って歩かなくてはいけないのです。

一番良いのは生ゴミが出ないように気をつけることですが、出てしまった生ゴミはそのままにせず、ビニールなどに密封して荷物と一緒に運搬しましょう。ビニール袋に入れた後、ふた付きのバケツなど容器に入れて、そのまま運んでもらうこともできます。その際は、ふたが外れないようにガムテープなどでしっかり固定しましょう。

ゴミを持ち歩きたくないからと旧居に置きっぱなしで引っ越してしまうと、後から大家からのクレームが入ったり、不動産会社とトラブルになるケースもあります。

生ゴミ以外のゴミも、適切な処理が大切

プラスチック類や不燃ゴミなど、生ゴミ以外のゴミなら旧居で出してもいいのでは、と思う人もいるかもしれません。大家によってはゴミを出していってもいいと言ってくれる場合があるので、事前に確認しておくと安心です。

粗大ゴミなどは引っ越し当日までに回収してもらうのが原則です。当日は引っ越し業者が出入りしたり、退去確認で不動産会社が出入りしたりと、多くの人が行き来することになり、作業の邪魔になる可能性も。

最悪の場合、荷物と一緒に持っていくように言われてしまう場合もあり、荷物が増えると引っ越し料金に影響する恐れもあります。やはり事前にゴミとして捨てておく方がベターです。

引っ越し先では旧居とゴミの分別方法が異なる可能性もあり、ゴミを持って行ってもまた分別し直さなくてはいけないことがあります。せっかくの新居でゴミを広げるのは誰でも嫌なもの。気持ち良く引っ越しを済ませるためにも、ゴミの処理は適切に、余裕を持って行いましょう。

引っ越しを成功させるカギは、断舎利(だんしゃり)

引っ越しは荷物の量で料金が決まります。つまり、できるだけ荷物を減らすことで、引っ越し費用を抑えることも可能になるのです。使わない大型家具や家電を思い切って捨てたり、かさばる衣類を整理してムダな荷物を減らすことが、お得でスムーズな引っ越しを実現するカギとなります。

また、当日になってから意外なゴミに悩まされないよう、前もってしっかり要るものと要らないものの分別を行いましょう。今流行の「断舎利」は、引っ越しの強い味方です。新居を要らないものでいっぱいにしないよう、上手な断舎利で荷物を整理してみてはいかがでしょう?

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る