特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

知らないと捨てられないかも?!家電リサイクル法とは

引越しの際に処分する物の代表格といえば、家電。しかし、家電は一般ゴミのように好きなときに捨てられるものではないって知っていましたか?特に家庭の必需品ともいえる、冷蔵庫やテレビ、エアコンといった家電は捨てる方法が法律で定められているのです。今回は、引越しの際に知らないと困る、家電の処分方法について見てみましょう。

家電の種類と捨て方

地方自治体によって条件が異なりますが、コーヒーメーカーやジューサーなどの小型家電は粗大ゴミや不燃ごみとして捨てることもできます。しかし、テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機の4品目に関しては、決められた捨て方をしないと罰せられる可能性もあるのです。

リサイクルが定められている上記4種類の家電については、消費者は小売業者に回収を依頼し引き取ってもらわなくてはいけません。小売業者は回収した家電を製造業者等に引渡し、製造業者等はリサイクルを行い、資源を有効活用することが義務付けられています。

資源に限りがある日本では、使用済みの家電も大切な資源の一つ。不要になったり壊れたりしたからといって、ゴミとして捨ててしまうわけにはいかないのです。

また、小型家電についても2013年からリサイクル法が施行され、さまざまな小型家電の捨て方に変化が起きています。携帯用ゲーム機やデジタルカメラ、電子辞書といった、どこの家庭にでもあるような小型家電も資源としてリサイクルされるようになっているのです。

リサイクル法が適用される家電は、市区町村によって異なります。引越しの際に不要になった小型家電が出てきた場合は、新居・旧居の小型家電リサイクル体制について確認してから捨てるようにしましょう。

家電を買うときに気をつけたいこと

引越しで家電を買い換える時には、捨てるときのことを考慮しておくと安心です。例えば、家電量販店で家電を購入すると古い家電を引き取ってくれるので、回収業者を探す手間が省けます。費用のほうも、普通に回収を頼むより少し割引価格になっていることがあります。

ネットオークションなどで家電を購入した場合、古い家電の下取りや回収を行ってもらえないことがほとんどなので、あらかじめ家電の処分方法を検討しておく必要が。回収業者の中には許可を得ていないところや、回収費用を高額に設定しているところもあり、業者選びにも注意が必要です。

まだまだ使える家電は有効利用を

引越しで生活環境やライフスタイルが変化すると、家具や家電を新調したくなるもの。しかし、サイズやデザインが合わなくなったからといって、最近の家電はそうそう壊れたりしないので捨て時が難しいですね。まだ使える家電を捨ててしまうのももったいない、という人は、有効利用を考えてみてはいかがでしょう?

例えば友人や知人に譲る、というのはもちろんのこと、インターネットやSNSを使ってもらい手を探すこともできます。家電の譲渡を目的にした専用掲示板なども登場していて、需要と供給のマッチングが行われているのです。

リサイクル店に出すというのも選択肢の一つ。回収費用はかかりますが、お店によってクリーニングやデザインの変更が施され、まだまだ使える家電として誰かの役に立ってくれます。

今や生活する上でなくてはならない家電の数々。引越しの際に本当に必要か考え、使わない物を処分することも大切なのですが、エコな活用方法を心がけてみるのもいいかもしれません。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る