特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

経年劣化って何?知っておきたい賃貸住宅のルールとは

賃貸住宅は、退去時の原状回復が求められます。とはいっても、長年済んでいるとやむを得ない破損や汚れは付き物。あまりに汚れや破損がひどいと、退去時にクリーニング費用や修繕費用を請求されてしまうこともあるのです。では、クリーニング費用を請求される汚れと、請求されない汚れの差はどこにあるのでしょう?

経年劣化で処理される汚れとは

長年使用した住宅の汚れは、「経年劣化」として処理されるものがあります。これは、通常の生活をおくっていく上でやむを得ずついてしまう傷や汚れのこと。例えば畳の日焼けやクロスのくすみなど、普通に暮らしているだけでも発生してしまう劣化を指します。

国土交通省によるガイドラインでは、「経年劣化、通常の使用による自然損耗等の修繕費用は賃料に含まれる」とされており、経年劣化分のクリーニング費用等は家賃に含まれると示されています。つまり、月々の家賃には年を経て生じる汚れや破損への費用が含まれていることになり、長く住むほど退去時の原状回復への負担が軽くなるのです。

また、知っておきたいポイントは「自然損耗」という点。誰が住んでも、通常の暮らし方をしていればついてしまうような汚れや消耗については、借り手が修繕費用を負担する義務はありません。具体的な例を挙げると、テーブル等家具による床のへこみ、カーペットのすり減り、天井の汚れなどです。

ただし、借り手もある程度きれいに使うことは求められていて、管理義務を怠って汚れが広がったりひどくなった場合は、クリーニング費用等を請求されることもあります。例えば、キッチンの掃除を怠ったせいで落ちない油汚れがある、エアコンの掃除をしなかったため故障した、といったケースです。普通に暮らしている状態では掃除や機器のメンテナンスを行うのが常識的、ということで、このようなガイドラインが設定されているのです。

借り手が修繕費費用等を負担する汚れとは

では、借り手に責任のある汚れとはどんなものでしょう?例えばタバコのヤニ。最近は公共の場でも禁煙が増えており、喫煙者は減少しているといわれていますが、自宅だからこそヘビースモーカーになっている人もいるかと思います。過度の喫煙による天井や壁紙のヤニ汚れは、クリーニング費用を請求される対象になりやすいのです。

また、家具等をぶつけて壁に穴があいてしまったとか、何らかの理由で壁紙が大きく剥がれてしまったなどの場合も、責任を求められる可能性があります。もちろん破損の度合いにもよるので、一概にはいえません。

ただし、知っておきたいのは借り手が全額を負担するかどうかはケースによるということ。壁紙を破損してしまった場合、室内全ての壁紙を弁償する必要はありません。
破損してしまった一角の張替え代を負担すれば良いのです。ふすま等も同様で、何枚かあるうちの一枚を破ってしまった場合は、全てのふすまを張り替える必要はありません。破損した物のみ、費用を負担すれば良いのです。

特に小さい子供やペットのいる家庭では、賃貸住宅の原状回復については気になるところ。国土交通省のガイドラインを参考に、借り手の責任と負担について知っておくと安心です。
一つだけ気をつけたいのは、ガイドラインには法的拘束力はないということ。これはあくまでも目安であり、最終的には借り手と貸主の交渉によって修繕費用や敷金による精算が決まります。

引越しで思わぬ費用を請求されることのないように、今住んでいる部屋も掃除やメンテナンスを心がけましょう。「大切に住んでくれた」という印象が貸主に伝われば、退去時のトラブルを予防することにもつながるのです。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る