特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

ライフラインの引越しを簡単に!手続きを楽に済ませる方法

引越しで一番面倒なのが、各種手続き。特に電気・ガス・水道といったライフラインは、絶対に使うものであり、早めの手続きが欠かせません。
しかし、それぞれに停止と開栓手続きをするのも面倒。そこで、まとめて手続きを済ませられる方法についてご紹介します。

引越し時に利用したい、ネット申し込み

今や、大体のことはネットでできる時代。もちろん、電気・ガス・水道の引越し手続きだってネットから行うことができます。ネットを使わない場合は、各社の窓口連絡先を調べ、営業時間中に電話をかける一つ一つ手続きを行う必要があります。

しかし、ネットなら自宅でいつでも好きなときに手続きが可能。月々の請求書等に書いてある個人番号さえわかれば、手続きの手間がぐっと省けるのです。

例えば東京電力では、HPで引っ越し手続きができます。停止の日時、新居での利用開始日時を設定でき、申し込みが完了すれば後は特にやることがありません。

ガスについても、東京ガスではHPから引越し手続きの申し込みができるようになっています。ただし、プロパンガス利用者はネット申し込みができないことと、ガスの開栓時は立会いが必要になるので、確実に立ち会える時間を設定することの2点を確認する必要があります。

水道についても同様にネット利用が可能ですが、個人番号がわからないと電話での受付になります。電気やガスは個人番号がわからなくても、他の個人情報で申し込むことができるのですが、水道に関してはそれができませんので、要注意です。

業者によるまとめて代行サービスも便利です!

引越し業者や電気会社などでは、各種手続きをまとめて代行してくれるサービスを行っているところもあります。一度個人情報を登録すれば、保険やクレジットカードなど、面倒な住所変更手続きを一括で行えるのです。

例えば東京電力では、「引越れんらく帳」というサービスがあり、都市ガス・水道・電話やインターネット、新聞などの住所変更手続きを代行してくれます。ただし、ものによっては申し込み可能時期が限定されているものもあるので、事前に確認しておくことをオススメします。

また、日本行政手続き代理システムでは、役所への届出が必要な行政手続きについても代行してくれます。転出入届け、郵便移送手続き、子供の転校手続きといった、早めに確実に届けなくてはいけないものにも対応してくれるのです。

日本行政手続き代理システムは、行政書士法人による「引越しに伴う公的手続き一括代理業務」を行っている会社です。個人情報の扱いや守秘義務を守り、ネットと郵便を使って適切な手続きを代行してくれるので、忙しくて時間の取れない人や高齢の人にも安心のサービスとなっています。

さらに、引越し業者の中にも代行サービスを充実させているところが少なくありません。例えばアート引越しセンターでは「ワンストップサービス」という名前で、各種手続きの代行を行っています。専門店と提携し、車・書籍・CD等の無料査定や、各種プロバイダの紹介も可能。あちこちのお店に行く必要がなく、引越しに合わせて荷物の整理もできてしまうのです。

さまざまな分野の会社が行っている手続き代行サービス。ネットを上手に活用すれば、役所での待ち時間や手続きのし忘れを防ぐことができます。今回ご紹介した業者を含め、引越しの際は一度チェックしてみてはいかがでしょう?

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る