特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

賃貸住宅でおしゃれなインテリアを楽しむ裏ワザ

引越して新しい部屋に住むと、ポスターを飾ったり雑貨を置いたりしてオシャレなカフェ風の部屋にしたい、なんて思う人も多いかと思います。しかし賃貸住宅では、壁に穴を開けたり粘着テープ等の跡がつくのは困り物。そこで、壁を傷つけず、個性的なインテリアを楽しむための裏ワザをご紹介します。

壁に穴を開けなくても楽しめるインテリア

壁に写真などを飾るとき

まっさらの壁には、お気に入りのポスターや思い出の写真を飾りたくなりますね。でも画鋲や釘は使えないというとき、おすすめなのが両面テープとマスキングテープです。

どちらも百円ショップやホームセンターなどで手軽に購入できる上、コストも安いのが魅力。さらに、最近はさまざまな模様や色のテープが売っているので、好みに合わせたテープを用意しましょう。

写真たてはフレームのみで、できれば金具などついていないものがおすすめです。お気に入りの写真を入れたら、裏側の4辺にマスキングテープを貼り、壁にも写真立ての大きさに合わせてマスキングテープを貼りましょう。写真立てのマスキングテープの上に両面テープを貼り、壁に貼ったテープが見えないよう貼り合わせると完成です。

ポイントは、強力な両面テープを用意すること。業務用で粘着力の強いタイプなら、写真立てくらいはしっかりくっつけてくれるのです。はがすときは、マスキングテープのおかげでのりの跡も付きません。

大きめのポスター

アンティークな地図やお気に入りのポスターは、壁にそのまま貼るのがおすすめです。4辺を囲むようにマスキングテープで貼れば、額に飾ったような雰囲気に。

ポイントは、マスキングテープの柄。シックな色で柄も控えめな物を選ぶと、ポスターを引き立ててくれます。ポスターの表面が汚れるのがイヤ、という人は、市販のビニールカバーなどを重ねてからマスキングテープで貼ると良いですよ。

「突っ張りアイテム」を活用!

今や家の至る所で活躍してくれるアイテム「突っ張り棒」。収納棚を隠すカーテンレールとして、押入れのハンガー掛けとして等、工夫次第でさまざまな使い方ができる便利アイテムです。

そんな中、最近は新たな「突っ張りアイテム」が注目を浴びています。それは『ディアウォール』という商品。なんと、市販の木材と組み合わせることで、賃貸住宅の壁に穴を開けることなく、収納スペースや棚を楽々作れてしまうのです。

柱の上下に装着することで、床を傷つけず、パット入りの上部が天井を傷めずに木材を柱として安定させてくれる仕組みとなっています。価格も800円前後と格安で、木材にはペンキを塗ったり稼動レールをつけたりとカスタマイズも自由自在です。

もちろん、賃貸住宅だけでなく、持ち家でも活躍するこちらのアイテム。短い木材を使えばキッチンに飾り棚をつけたり、脱衣所などの限られたスペースにも収納をつけることが可能です。釘やネジなどの特別な道具も不要なので、女性一人でも十分使えるアイテムとなっています。

インテリアにはこだわりたいけれど壁に穴は開けたくないという人は、ぜひこちらの『ディアウォール』をチェックしてみてはいかがでしょう?安くて手軽におしゃれなインテリアを楽しむことができるので、引越し後のお部屋作りにおすすめです。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る