特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

引越しに「縁起」は重要?知っておきたい「お日柄」とは

冠婚葬祭のとき重視される「日柄」。日本には、暦の上でその日の吉凶について考える習慣があり、大安・友引・仏滅といった六つの吉凶「六曜」のことを「日柄」と呼びます。現代ではあまり日常的に使われることはありませんが、引越しではこの「日柄」を気にするという人も珍しくはありません。

お日柄の良い引越しをするために

結婚式や引越しなど、人生における大きなイベントのときは「日柄」が大きな意味を持ちます。科学的根拠はないとはいえ、昔から今後の人生を占うものとして、「日柄」は大切にされてきました。

最近では仏滅でも気にしない、むしろ格安でいいと結婚式を挙げる人も増えていますが、縁起を担ぎたいときは「日柄」は無視できません。引越しは毎日の生活の場を変えることなので、できるだけ縁起の良い住まいにしたいと考える人も多いのではないでしょうか?

実際、大手引越し業者のスケジュールを見ても、大安や友引といった「吉日」は人気があります。どうしても大安の日に引っ越したいから予定をずらす、なんて人もいるようです。

良い日柄に引越しをしようと思ったら、早めの予約が欠かせません。結婚式場と同じように、日柄の良い日から予約が埋まっていきます。

また、引越しシーズンの春などはただでさえ引越し依頼が多く、さらに日柄の良い日は予約を取るのが大変難しくなります。もし春先の引越しで大安日に引越しをしたい場合は、かなり早い段階で予約を入れておくと安心です。

日柄の悪い引越しを縁起良くするために

引越しの日取りは変えられないけれど、少しでも縁起の良い引越しにしたいという場合は、ちょっとした裏ワザがあります。例えば、引越しの日が仏滅だという場合、あらかじめ縁起の良い日に家具や家財道具を運び込んで正式な引越しとしてしまう方法があります。

賃貸住まいならあまり気になりませんが、新築戸建の場合などは長く住むことが前提なため、日柄や縁起が気になる人も多いかと思います。とはいえ引越し自体は業者や家族のスケジュールもあるため、なかなか日柄の良い日に引越しとはいかないことも。

そんなときは、業者に依頼した引越しより前に、家族だけで儀式的な引越しをすると良いのです。大切な家具や思い出の品を運び込む、観葉植物を先に運んでおく、家主が一泊するといったことで、「引越しをした」という事実を作ることができます。これなら日柄の良い引越しも実現しやすくなります。

また、万年青(おもと)を飾ったり盛り塩をするなどしてお清めするという方法もあります。こちらは穢れを祓うという意味の他、新居での生活がより良いものになるようにという祈願の意味も込められています。

大切な新居での生活が快適で実り多いものとなるように、日柄や縁起などを引越しに取り入れてみてはいかがでしょう?あまり神経質になると引越しが大変になってしまうので、無理のない範囲でできることにとどめておくことが大切です。こちらでご紹介した方法で、簡単にできる縁起の良い引越しを実現してみてはいかがでしょうか。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る