特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

家具付き賃貸ってどう?気になるその住み心地とは

ときどき目にする「家具付き物件」。家具を買わなくていいならお得、と思う人もいるかもしれません。でも、実際に家具付きの部屋は住み心地や使い心地はどうなのか気になるのではないでしょうか?家具付き物件に引越しを考えている人に、メリットとデメリットをご紹介します。

どんな人に向いている?家具付き物件のメリットとは

家具家電が付いた部屋というのは、多くの場合、不動産業者によって家具や家電が設置されています。物件のオーナーとは別で、仲介する不動産業者が家具家電を備え付け、そのコストを家賃に上乗せして入居者を探すのです。

家賃としては相場よりも少し高くなるのですが、家具家電を一式揃えるための初期費用が抑えられると思えば、メリットも多くなります。また、忙しくてなかなか買い物に行けない人や、とにかく生活できればいいという人にも、家具付き物件は強い味方です。

単身赴任の人、期間限定での住まいを探している人にとっても、家具家電付き物件はメリットが多くなります。引越し時の荷物が少なく済むというのもメリットです。大型の家具や家電を運ぶ必要がないので、業者に依頼する費用も安く済みますし、最低限の身の回りの物さえ運べばいいので手間もかかりません。

意外と気になる、家具付き物件のデメリットとは

では、家具付き物件のデメリットはどういったものがあるのでしょう?一番大きなデメリットは、やはり家具家電が備え付けであること不自由さ。部屋には不動産会社が揃えた家具家電が置いてあり、自分の好みでレイアウトしたり模様替えすることができません。

また、もし傷をつけたり壊したりした場合、入居者が弁償しなくてはいけない場合もあります。

新築物件以外では、家具家電は前の入居者と同じ物が引き継がれるので、衛生面や気分的な面で気になるという人には、家具付き物件は向いていません。

また、備え付け家具家電のスペックについてもデメリットが考えられます。あらかじめ置かれている家具や家電は低コストな物が多く、性能的にもあまり良いものは期待できません。

例えば電子レンジは温め機能しかないとか、温度調整ができない物である場合がほとんどです。エアコンやテレビも、大きさや機能性は型落ちであることが多いでしょう。

特に初めて一人暮らしする人にとっては、家具付き物件は引越し代が節約できてお得に見えますが、憧れの新生活とはギャップが生じることが多くなります。費用はかかりますが、時間をかけて自分の好きな家具や家電を揃えていく方が楽しい場合も。

自分で買った家具や家電は後々まで使える上、いざとなればリサイクルショップへ売ることもできます。家具付き物件は退去時に、どんなに使い慣れた家具家電でも置いていかなくてはいけない上、クリーニング代や弁償費用を請求される可能性もあります。入居時はお金がかからなくても、退去時にお金がかかることもあるので、注意が必要です。

すぐに生活できる環境が整ってはいるものの、最新式の家具家電が選べるわけではないので、電気代がかかったり快適性がイマイチだったりする可能性があります。家具付き賃貸はメリットもある反面、独特のデメリットもあります。家具付き賃貸に引越しを考えている人は、こういった物件の特徴をふまえて、入居を検討することをオススメします。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る