特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

海外へ引っ越すことになったら?知っておきたい基本知識

転勤などで、海外への引越しが決まったとしたら・・・。通常の引越しと違い、海外への引越しは業者選びから準備の仕方まで、多くの要注意ポイントがあります。ここでは、海外への引越しの際気をつけたいことについて見ていきます。

海外への引越しが決まったら、まずすること

日本から海外への引越しは、国内の引越しと比べ手間も所要日数も大幅に多くなります。特に転勤や留学など、引越しの期日が迫っている場合は、スケジューリングから各種書類作成などをスムーズに行うことがとても重要となります。

そこで、海外への引越しが決まったらまずすることをご紹介します。パスポートやビザの申請は基本中の基本ということで省略しますが、こちらも忘れずに手続きしてくださいね。

1:業者選び

とにもかくにも、海外への引越しはベストな業者を選ぶことが肝心です。これは、海外への引越しも国内での引越しも同じことですね。不慣れな土地で荷物が行方不明になったりしないよう、経験の豊富な業者を選びたいところです。

また、費用も高額になるので、できるだけ費用を抑えたい人は、ネットでの一括見積もりを利用するのもオススメです。海外への引越しのノウハウを持っているかどうか、サービスの充実度などで検討し、引越しだけでなくその後の新生活が快適に始められるような業者選びができると良いのではないでしょうか。

2:荷物の仕分け

日本の生活で必要だった物全てが、海外での新生活に必要とは限りません。大きな家具や家電は費用を膨らませる原因になる上、持って行っても使えない可能性もあるので、持って行くものの選別が重要になります。

3:荷物を預ける場合の預け先

日本に残していく家具や家電、生活の品々は、処分するかどこかに預ける必要があります。家族や親戚、友人に預かってもらうケースと、トランクルームなどを借りて荷物を置いていくケースがあり、どちらにしてもあらかじめ時間的に余裕を持った処理を行う必要があるのです。

4:現地のリサーチ

引越し先ではどんな生活をすることになるのか、どんな環境が待っているのか、事前によく調べておくと安心です。ここでオススメなのが、『地球の歩き方』などの観光ガイドブック。「旅行に行くわけじゃないから」などと敬遠せず、何冊か熟読しておくと新生活のイメージもしやすくなります。

海外へ引っ越す前に、日本でやっておきたいこと

海外への引越しでは、日本にいるうちにやっておきたいこともいくつかあります。例えば、持病の治療。虫歯や現在かかっている病気で早期に治療が可能なものは、できるだけ済ませておくと安心です。慣れない異国で言葉も通じない中、虫歯や持病の治療を受けることはかなりストレスになるので、日本にいるうちに済ませておくと良いのではないでしょうか。

また、携帯電話や保険の見直しも済ませておくことをオススメします。携帯電話は解約するのか、SIMフリーの物にして引越し先でも使えるようにするのか、検討しておく必要があります。保険についても、解約するのか残しておくのか、帰国の予定の有無などで決断が変わってくるかと思います。

海外への引越しは何かと忙しく、やることが山積みで非常に大変です。引越し業者の仲には、各種手続きを代行してくれたり、持ち込めない荷物の選別を行ってくれるところも。荷物の運搬だけでなく、さまざまなサポートサービスを行っている業者も多いので、ぜひこれらのサービスを活用して、ストレスフリーな引越しを実現させてみてはいかがでしょうか。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る