特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

引越し挨拶時、持って行くと喜ばれる品物とは

引越し挨拶は、単身者の場合は行く人が少ないかと思います。しかしファミリー世帯での引越しや、家を建てたときの周囲への挨拶は、今後のご近所付き合いを円満に築くためには欠かせないものです。そこで気になるのが、引越し挨拶に行くとき何を持っていくかということではないでしょうか?

引越しの挨拶で喜ばれる物、NGな物

一般的に、引越し挨拶の際持って行く物というと、お菓子やタオル・洗剤といった、どんな家庭でも使えて好みを選ばないものが主流です。予算は500円~1000円程度が一つの目安。近所の方の世帯構成人数や年齢によっては、もう少しお金をかける必要が出てくることもあります。

引越し挨拶に持って行く物は、あくまでも「粗品」です。高級お菓子やブランド品はかえって印象を悪くすることもあるので、注意した方が良いかもしれません。

また、長い付き合いになることを前提とした場合は、こちらの名前(苗字)を書いておくことをオススメします。名前と顔を覚えてもらう良い機会なので、ぜひ、のしに名前を入れて渡してはいかがでしょうか。

引越し挨拶に持って行くとNGな物もあります。例えば日持ちがしない物。肉や魚などの生もの、フルーツ類、などは避けた方が良いのではないでしょうか。また、お酒類も好みや体質によってNGな場合がありますので、初対面の人に渡す品物としてはオススメできません。

引越し挨拶で喜ばれる物ランキング

ある調査によると、引越し挨拶でもらって嬉しかった物のランキングは以下の通りです。

  • 1位:お菓子
  • 2位:タオルや布巾類
  • 3位:生活用品や消耗品(ゴミ袋やラップなど)
  • 4位:洗剤
  • 5位:日持ちのする食品(海苔・乾麺など)

このランキングから見ると、やはり「急いで消費する必要のない物」というのがポイントになるようです。引越しの挨拶は、受ける側からするといつ来るかわからないものです。また、どんな人が引っ越してくるかもわからないので、突然もらっても困らない物が喜ばれるポイントだと言えるのではないでしょうか。

ちなみにお菓子であれば、個包装になっている物だとさらにベターです。大きめの焼き菓子や菓子パン類は、一度包装を開けてしまうと日持ちがしません。夫婦2人の世帯やお年寄りしかいない世帯に持っていくと余らせてしまうこともあるので、小さめの個包装菓子がオススメです。

デパートや雑貨店などでは好きな商品を詰め合わせにすることもでき、個性を活かしつつも実用的な引越し挨拶の粗品を作ることもできます。多くの場合、詰め合わせに別途料金がかかることもないので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

粗品とはいえ、今後の印象を左右する大事な引越し挨拶の品。無理のない範囲でこだわって、受け取る側も挨拶する側も笑顔になれるようなアイテムを見つけてみてください。アイテム選びの際は、ぜひ今回ご紹介したポイントを抑えて、誰にでも喜ばれる粗品を目指してみてはどうでしょう。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る