特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

意外と活用したい、引越し時のレンタカー術

引越しの際は移動の「足」があると便利です。そこで活用したいのがレンタカー。特に小さい子供連れやペットを飼っている人にとって、とても心強い「足」なのです。

レンタカーがオススメの引越しとは

引越し先が遠距離の場合、新幹線や自家用車で移動する人が多いかと思います。旧居の搬出を終えて、急いで新居に向かわなくてはいけないとき、時刻表のしっかりしている公共の乗り物なら安心感が増します。とはいえ、場合によっては公共の交通機関を使えないことも。

例えばペットを飼っている家庭の引越しでは、移動をどうするかという問題が起こります。犬や猫を一匹、というケースならケージに入れて電車や新幹線を利用することもできますが、複数の動物を飼っていると公共の乗り物を使用しにくいケースもあるのです。

ペットの輸送も引越し業者に頼むという方法もありますが、オプション料金がかかったり、荷物と一緒に運ばれる可能性もあります。暑い時期などはこまめに動物たちの様子を見る必要があり、やはりすぐに世話ができる場所に置いておきたいという心理もあるのではないでしょうか。

また、乳幼児連れでの移動では、新幹線など長時間狭い空間に居続けるのが大変な場合もあります。赤ちゃんが泣いてしまったり、子供がぐずってしまうと周囲の目も気になる上、簡単に乗り降りすることができません。

そんなとき、レンタカーを利用するとストレスの少ない引越しが可能になります。家族数や荷物量に応じて車のサイズが選べるので、赤ちゃんやペット連れでも快適に移動できます。また、自分たちのペースで移動できるので、必要に応じて休憩をはさんだり、動物たちをリフレッシュさせてあげることもしやすくなります。

レンタカーならではの、乗り捨ても可能!

レンタカーは借りた場所で返さないといけない、と思っている人も多いかもしれません。しかし最近は「乗り捨て可能」「ワンウェイ利用」などとして、借りた店舗と別の場所に返す方法も選択できるお店がほとんどです。もちろん別途料金はかかりますが、いちいち旧居の近くまで返しに行く必要がないのでとても便利です。

レンタカーとはいってもカーナビやチャイルドシートをオプションで付けることができ、乳幼児連れでも安心です。自家用車のない家庭でも、引越しのときだけ借りて返せるので、新居の駐車場などを心配する必要がありません。

夫婦2人暮らしの場合などは、荷物の運搬もレンタカーでまかなえることも。ダンボールなどの梱包資材を自分で手配する必要がありますが、引越し業者に依頼するより格安で引越しできる可能性があります。ただし、車に傷などをつけないように、十分注意して引越しを行う必要もあります。

今や、車は所有するよりも必要に応じて借りる時代。今回は引越しのときは特に活用したい、レンタカーの魅力についてご紹介しました。引越しを控えている人は、移動の「足」にレンタカーを使ってみることを検討してみてはいかがですか?

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る