特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

子供連れ引越しの強い味方!引越しベビーシッター

転勤や新居移転の際、小さな子供を連れての引越しは珍しくありません。ただでさえやることが多く、スケジュールをこなすのが大変な中、乳幼児のいる家庭ではそれだけで引越しの負担が大きくなります。そこで活用したいのが、ベビーシッターサービスです。

ベビーシッターを利用するメリット

赤ちゃんや幼児がいる家庭で引越しを行う場合、夫婦どちらかの両親や兄弟などの親族、友人に手伝ってもらえるのが一番安心です。しかし、引越し先や日程によっては身近な人の応援を頼むのが難しい場合も。そんなときは、ベビーシッターを頼んでみてはいかがでしょうか。

もちろん、見ず知らずの人間に大切な子供を預けるのは心配という人が多いかと思います。また、信頼できるシッターをどうやって探したらいいのかわからない、という人もいるかもしれません。

しかし引越しに伴うベビーシッターサービスでは、保育や食事のサポートだけでなく、同行支援や荷造り・荷解きの手伝いまでしてくれるところもあるのです。

親族や友人が近くにおらず、自分たちだけで引越しをしなくてはいけない家庭の場合、引越しの最中に子供にまで目を配るのは大変困難です。特に幼児期の子供は好奇心が強く、高く積まれた荷物を動かしてしまったり、荷物の運搬中に思わぬ事故に巻き込まれる危険性もあります。

引越し中の意外なトラブルを予防するためにも、引越しの際のベビーシッター利用はオススメなのです。

ベビーシッターはどうやって利用すればいい?

引越し中のベビーシッターを探すには、2つの方法があります。1つは、ベビーシッター派遣会社や家事代行などの派遣会社に依頼する方法。

ベビーシッター派遣会社では、きちんとした審査のうえシッターを雇用しており、保育のノウハウやいざというときの対応マニュアルも用意されているので安心です。

家事代行会社からシッターを派遣してもらう場合は、荷造り・荷解きや掃除など、引越しに関わる業務も依頼することができます。家事のプロであるスタッフが派遣されてくるので、子供のお世話だけでなく、引越しの手伝いとしても大きな戦力になってくれるのではないでしょうか。

ベビーシッターを探す方法のもう1つは、地域の育児支援やSNSによる育児支援を利用するという方法です。

例えば厚生労働省が行っている「ファミリーサポートセンター」という事業では、住んでいる地域における「支援したい人」と「支援を受けたい人」のマッチングが行われています。事前の会員登録をしておけば、「引越しの間の数時間だけ」というピンポイントでのベビーシッターも依頼できます。

また、SNSを使った相互サポートサービスも登場しており、こちらはもともとお互いに知り合いであるママ友とSNSでつながり、育児支援が必要なときにサポートを依頼するというもの。お友達の家に子供を預かってもらう感覚で依頼でき、親も子も安心です。

依頼は託児可能な人を募る立候補制で、実際に預かってもらった後は謝礼を支払うシステム。依頼方法は一括のメール送信でできるので手間もかからず、いつも同じ人に頼むということがないのでお互いに負担が少なく済みます。

子供連れでの引越しは何かと大変でストレスの溜まるもの。今回ご紹介したようなサービスを活用して、親にとっても子供にとっても、安心で楽しい引越しをしてみてはいかがでしょうか。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る