特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

水生生物の引越し!水槽はどうやって運ぶべき?

ペットを飼っている家庭は珍しくありませんが、熱帯魚や亀などの水生生物を可愛がっているという人も少なくありません。しかし、もし引っ越すとなったら、魚など水を必要とする生物はどうやって運べばいいのでしょうか?

どんな生物でも安心!プロに依頼する方法

家に水槽がある場合、こだわりのアクアリウム環境を整えている人もいるかと思います。長年買っている魚や亀などの生物には愛着も湧き、引越しのストレスで死んでしまわないか心配にもなりますね。そこでベストなのが、アクアリウムの引越し専門家に依頼すること。

水槽の引越しはそれ自体の輸送だけでなく、ポンプやヒーターなどの周辺機器類、生物のパッキングなど非常に手間がかかります。また水を扱う引越しとなるので、旧居・新居を汚す可能性もあり、段取りよく慎重な作業が求められます。

また、一般的な引越し業者を利用する引越しでは、生物は荷物として運んでもらえないことがほとんどです。例え、小さな魚をビニール袋にパッキングしたものだったとしても、生物である以上荷物トラックには乗せてもらえないのです。

こうなると、魚でも亀でもザリガニでも、水槽内の生物は全て自分で運ばなくてはなりません。複数種の生物を飼育している場合は特に、専門の業者に依頼することをオススメします。

自力で水槽の引越しをする時の注意点

自力での引越しを考えている人には、いくつかの注意点があります。最も気をつけたいのは、水槽の引越しのタイミング。家財道具や衣類など、人間の引越しをする当日に、水槽も一緒に引越し・・・なんて考えている人もいるかもしれませんが、これはかなり大変です。

ただでさえ引越し当日はばたばたする上、引越し後も旧居の引渡しや立会い確認などやることが山積み。そこに水槽や生物の管理まで加わると、とても一日では作業が終わらない可能性があるのです。

通常、新居は引越しより少し早め引き渡されることが多いので、実際の引越しより前に水槽だけ引越ししておくのがオススメです。水槽内の生物たちは環境の変化に敏感で、引越しによるストレスを受ける心配があります。また、引越しに伴い、前後数日はエサの調節や水質の管理も徹底して行う必要が。

これらのことをスムーズに行うためにも、実際の引越しとはタイミングをずらして、水槽だけ先に引っ越しておくと安心なのです。

長距離の引越しの場合、何度も旧居と新居を行き来するのが難しいケースもあるかもしれません。そういった場合は、専門業者によって、水槽のサイズにもよりますが大体10万円以内で水槽の引越しが可能です。

全国どこでも、数日など時間がかかる引越しでも対応してくれる上、水温や酸素量のチェックもしっかり行ってくれます。新居でも大切なアクアリウムを楽しむために、引越しの距離やスケジュールに応じたベストな業者を探してみてはいかがでしょうか。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る