特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

引越しはネット接続方法の見直しのチャンス!

パソコンを有線接続している場合、パソコン回りのケーブル類は何かと邪魔になりますね。旧居ではちょうど良かった配線も、新居では上手くまとまらないなんてケースも。そこで、引越しをきっかけに「無線接続」を検討してみるというのはいかがでしょう?

ケーブル接続と無線接続の違い

引越し後も、それまで使っていたプロバイダや接続回線を使い続ける人は非常に多くなっています。しかし、引越しを機会に契約内容の見直しをすることはとても重要です。

引越しに合わせたプロバイダ乗換えで、ネットへの接続方法を再検討する場合、以下のメリット・デメリットを参考にしてみて下さい。

<有線のメリット>
  • 早く、安定した通信速度でネットにつながる
  • 料金が比較的安い
  • セキュリティー面が安心
<有線のデメリット>
  • LANケーブルが邪魔になりやすい
  • ルーターの設置場所にケーブルが集まりやすく、整理や掃除が面倒
  • ケーブルがむき出しになるので、見た目を気にする人もいる
<無線のメリット>
  • 配線がいらず、インテリアとの調和がしやすい
  • 移設・増設が簡単で、どの部屋からもネットにつながる
<無線のデメリット>
  • 料金が比較的高い
  • 有線LANに比べると通信速度が遅く、障害物の影響を受けやすい
  • セキュリティーが甘いとデータ流出の危険性がある

家族やライフスタイルに合わせて、無線接続もオススメ

子供がケーブルをいじってしまい、接続不良を起こす場合もあります。

また、ちょっとしたメールや写真のバックアップ先としてパソコンを使うことが多い家庭では、通信速度はあまり重視する必要がありません。どちらかというと、パソコン周辺がすっきりしていることが大切なのではないでしょうか。

無線LANなら年末の大掃除などでいちいちケーブルの回りを掃除したり、一度外してしまったケーブルの配線に悩むなんてこともありません。基本的に、家の中のどこにいてもネットにつながるため、キッチンでレシピサイトを見たり、寝室で電子書籍を楽しむのも楽々できます。

将来的に子供部屋などで間取りが変化しそうな家庭や、パソコンやタブレット端末を複数台所有している家庭にも、無線LANはオススメです。有線より比較的高い傾向にある料金も、新規契約や乗換えによるサービスで低価格で利用できることも。

これまでは有線LANを使っていたという人も、引越し時になるとケーブル整理を面倒に感じることは珍しくありません。ケーブル類が荷物に紛れてしまうと、新居でのパソコンセッティングもスムーズに進まないので注意が必要です。

引越しは、いろいろと面倒なネット回線の接続方法や料金の見直しのチャンス。有線・無線それぞれの特徴を知り、新居での生活に最適なネット環境を作り上げていくことをオススメします。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る