特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

新居選びの際は、ハザードマップも要チェック!

局地的豪雨や竜巻など、異常気象が相次ぐ近年。住まい選びでは、いざというときの安全性に気を配ることも重要になっています。そこで参考にしたいのが「ハザードマップ」。住んでいる地域の災害時の危険性をチェックしておきましょう!

ハザードマップって何?

ハザードマップというのは、自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図にして表した物です。例えば河川の氾濫や、地震時の家屋倒壊の危険性などを、危険の度合いに応じて色分けなどし一目で危険なエリアがわかるようになっています。

ハザードマップを見れば、住んでいる地域にどのような災害の危険性があるか、いざというときどこへ逃げればいいかという指標になります。近年は突発的な大規模災害が多く起きており、日頃からハザードマップを参考にして、万一のときの行動を予測しておくことが大切だといえます。

国土交通省のホームページでは、全国のハザードマップを見ることができます。既存の地図に避難経路や避難場所も合わせて地図化してあるので、プリントアウトしてすぐに見られるところに保管しておくことをオススメします。

不慣れな土地に引越しをする場合は、ぜひ新居の地域のハザードマップを手に入れておいてはいかがでしょう。氾濫しそうな川や池、土砂崩れが起きそうな山や斜面など、自然の状態を知っておくことも重要です。

道路に関しても、主要道路が冠水してしまうと、他の地域から孤立してしまう恐れがあり注意が必要です。ハザードマップを参考にして、主要道路以外の避難経路も想定しておくと良いのではないでしょうか?

住んでいる地域の特性を知ろう

地名には、これまで起きた大きな災害の情報が隠れていることがあります。例えば有名なのは、「田」や「沼」といった文字のつく地名は、昔から地盤が緩かったり水に関連のある地名だということ。

今では何気なく使っている地名ですが、実は先人からの災害対策を伝えるものでもあるといわれています。近年は市区町村の統廃合が進み、災害の記憶を持つ知名が消えてしまいつつあります。そんな中で着目したいのが、神社や公園など、古くからある施設の名前。

その地域の古来よりの呼び名を継承しているケースも多いので、引越し先が新しい地名になっていると感じたときは、ぜひ寺社仏閣や昔からある公園・史跡をチェックしてみては?

災害はいつ起こるかわかりません。引越しの直後に起こる可能性だってあるのです。万一のときに慌てないよう、引越し先のハザードマップをぜひチェックするようにしてはいかがでしょうか。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る