特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

ネット無料の賃貸住宅は本当にお得なのかどうか?

インターネットはもはや、ほとんどの人にとってなくてはならない存在です。テレビはなくてもいいけど、ネットは使えないと困る!という人も多いのではないでしょうか。

そんな中で、近年増えているのが「インターネット無料で使い放題」という賃貸物件。本当にネットが無料ならお得、と魅力を感じている人も少なくないのでは?

インターネットが無料、ってどういうこと?

「ネット無料」とはどういうことかというと、集合住宅の場合は大家さんや管理会社が建物自体にネット回線を導入し、その費用をまとめて払ってくれているので、各部屋では無料でネットを使える、ということになります。

ただし、各部屋までネット回線を引き込むためには自分で設置工事やモデムなどの設置を頼まなくてはいけない場合もあります。使用感についても、大家さんや管理会社がどの程度の回線契約を結んでいるかで、ネットの速度や自由度が異なります。

イメージとしては、大家さんや管理会社によって契約されている回線を、使用する住人全員で共有する、という形になります。

インターネットに詳しくない大家さんや、セキュリティについて認識の甘い大家さんだと、各戸のネット接続にさまざまな「穴」があることも。例えば、他の部屋のパソコンのデータが共有できてしまったり、ウイルス対策などが全くされていない、などのケースが。

住民同士のプライバシーやセキュリティチェックに問題が起きることもあるので、「無料」というメリットに対して「共有」というデメリットがある、と考えておいた方がベターです。

「ネット無料」の意外な落とし穴とは

ただでさえお金のかかる引越し。初期費用をできるだけ節約したいと思う人が多い中、インターネット費用も無料になるならさらに良い!と思う人もいるかもしれません。

しかし「ネット無料」物件は、実はその費用が家賃に上乗せされていることがあるのです。建物全体のネット費用を支払うのは大家さんや管理会社ですが、ではその費用はどこから来るのかといえば、当然家賃収入です。

特に、新しく「ネット無料」を導入したような物件では、既に何年も居住している住人とこれから入居しようとする人では家賃に差がある可能性が。新しい入居者の家賃に、ネット費用がすでに上乗せされているかもしれないのです。

また、インターネットが無料といっても、回線速度が遅かったり、時間帯によってはつながりにくいというデメリットを持つ可能性が。ネット環境に満足がいかなかった場合、もっと速度の早い契約内容に変更したり、違うプロバイダと個人契約することになるのですが、もちろん費用がかかります。

その際の費用は当然自費となるので、結果的に「ネット無料」の物件に住みながらネット費用を払い続けることになるわけです。

一見お得そうに見える「ネット無料」物件ですが、実はメリット以上にデメリットも多い、ということをご紹介しました。もちろん、十分なネット設備が整っている物件もありますので、入居前によく調べておくことと、大家さんなどに確認しておくことをオススメします。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る