特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

窓の大きい家は快適?実際に暮らしてみて分かること

窓が大きくて開放感のある家に憧れる人は少なくないのでは?しかし外観やデザインが魅力的でも、窓の大きさがメリットになるとは限りません。引っ越してから後悔しないために、窓と快適さの関係について考えてみます。

窓が大きい家のメリット・デメリット

窓が大きいと日差しもたっぷり入り、窓を開けたときは風の通りが良くなります。室内からの眺めも良く、開放感のある住宅環境を得ることができます。窓の対角に公園や緑地などがあれば、風景画を飾っているかのような感覚で、窓もインテリアの一部に考えられるというメリットも。

日本の都市部では住宅の狭小化が進んでいるため、窓が大きいこと・眺めが良いことを新居選びの重要項目に挙げる人は少なくないようです。

しかし仮に窓の大きい物件でも、さまざまなデメリットを抱えてしまうケースもあります。例えば暑さと寒さの問題。

窓が大きいと、それだけ室内の温度への影響力が高まります。夏はガラスを通して外気や日差しの熱が室内に伝わり、冷房の効きが悪くなることも。逆に冬は室内の熱が窓から逃げてしまいやすくなり、隙間風も気になります。

また、窓が大きいということは外から室内が見えやすいということでもあります。夕暮れ時など室内の方が外より明るくなると、予想以上に丸見え状態になってしまう可能性もあるのです。

窓の対角に他の住宅やビルなどがあると、上からの視線も気になります。こちらからは見えていなくても向こう側からは丸見え、なんてケースもあるので注意が必要なのです。

大きな窓に対してやっておきたいこと

窓の大きい家に住む場合は、視線の通り方をよく確認しておく必要があります。室内から外を見るだけでなく、外から室内を見てみることをオススメします。

レースカーテンをつけていても外から予想以上に室内がよく見えてしまうことがあり、時間帯や天候によって見え方も異なるので、さまざまなシチュエーションで確認しておくと安心です。

最近は外からの視線を遮断するミラーカーテンや、風通しはキープしつつ外から室内が見えにくい加工がされているカーテンもあります。

また、遮光や断熱といった加工が加えられたカーテンもオススメです。夏や冬の、室温と外気温の差が激しくなる時期は、断熱カーテンを使うことでエアコンの効率を良くし、省エネにも役立つのです。

一般的なサイズより大きい窓の場合、市販されているカーテンではサイズが合わないこともあります。窓の大きさはメリットだけでなくデメリットにもつながることを知り、快適な住まい選びを実現してはいかがでしょうか。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る