特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

あなたは1階派?2階派?賃貸物件の防犯事情

引越しを考えたとき気になるのが、新居の選び方。住まいで重視するポイントは人それぞれですが、集合住宅の場合はどの部屋にするかさまざまな角度から検討する必要があります。

特に階数については、気にする人が多いのでは。「女性の一人暮らしでは1階は避けた方が良い」とか、「子供のいる家庭では2階以上は騒音が問題になりやすい」など、部屋の階数によって気になるポイントが異なってきます。

何階に住むか迷ったら…タイプ別新居選びのポイント

例えば気に入ったマンションで階数の異なる部屋がいくつか空いていたら、何を基準に部屋を選びますか?例えば以下のようなポイントに気をつけて部屋を見てみるという方法があります。

日当たり重視派

とにかく日当たりがいい部屋を!という人は、できるだけ高層階がオススメです。

建物の向きにもよりますが、やはり周囲に邪魔物のない高層階は明るくて日当たりの良い部屋が多くなっています。窓からの眺めも良く、開放感を楽しめます。

省エネを重視派

今や生活の中でなくてはならない存在のエアコン。集合住宅では部屋の位置によってエアコンの利きが異なるって知っていますか?

最も省エネな部屋は四方に他の部屋があるところ。そして最上階よりは中間階がオススメです。例えば3階建てなら2階を、4階建てなら2~3階の部屋であれば、夏の暑さも冬の寒さもそれほど苦になりません。

小さい子供がいる家庭では

子供のいる家庭では、1階がベストと言われています。

子供の足音や生活騒音が響くため、2階以上の部屋に住むと下の部屋から苦情を言われてしまうケースも。音に気を使いすぎて子供がのびのびと過ごせない、なんてことにならないためにも、できるだけ1階がオススメです。

1階に住むときに気をつけたいこと

出入りが楽だから、子供がいるから、といった理由であえて1階に住む人は少なくありません。しかし防犯が気になるのも1階。そこで集合住宅の1階に住むときに気をつけたいポイントをご紹介します。

窓や開口部の戸締り

換気のため窓を常に開けている人もいるかと思います。しかし1階は空き巣が最も入りやすい階。狭い開口部でも、プロの空き巣なら上手く入り込めてしまうことも。近所への外出の際でも、戸締りはきちんと行いましょう。

上の階への騒音

1階なら生活騒音を気にしなくていい、なんて思っていませんか?実は、集合住宅では音は上下に響きやすいもの。1階の部屋でも、あまりうるさいと上の階の住人に不快感を与えてしまう可能性があるのです。

災害対策

近年増えている自然災害。特に水害においては、1階の部屋は要注意。近くに川がある住まいは、いざいというときに備えておく必要があります。

ライフスタイルと防犯面、両方から検討しよう

上の階がいいのか下の階がいいのか。迷ったら、家賃や間取りだけでなく、今回ご紹介したポイントからも検討してみてはいかがでしょう?より安心で快適な新居選びのため、さまざまな面から検討することをオススメします。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る