特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

ルームシェア物件への引越しで気をつけたいこと

近年人気が高まっている「ルームシェア物件」。

一人暮らしよりにぎやかで、家族や友人と暮らすよりプライバシーが保たれているとして、「ルームシェア」することを望む人が増えているのだとか。そこで今回は、ルームシェア物件に入居するときに気をつけたいポイントについてご紹介します。

ルームシェア物件と普通の賃貸物件の違い

ルームシェア物件と、通常の集合住宅では何が違うのでしょうか?一番大きな違いは、「日常生活をシェアするかどうか」という点です。

アパートやマンションといった集合住宅では、エントランスや郵便受け・外廊下といった共有スペースがあります。共有スペースは特定多数の人が使う場所なので、管理費や清掃は入居者全員が負担するのが一般的。

しかし、個々の住居に関しては完全なプライベート空間です。いわば、一つ一つ独立した住居が集まって大きな建物を成しているのが、集合住宅の特徴だといえます。

一方、ルームシェア物件では住居全体をシェアします。住居の管理費や清掃費だけでなく、光熱費や、時には食費もシェアすることに。プライベート空間は個室のみで、台所やお風呂にトイレ、ダイニングスペースなどは全て共有空間です。

つまり、何のつながりもない他人と生活を共にするのが、ルームシェアの最大の特徴であり醍醐味なのです。

ルームシェア物件に入居するときのポイント

ルームシェア物件に入居する際は、気をつけなくてはいけないポイントがいくつかあります。まずは、引越しの作業について。

集合住宅への引越しと違い、ルームシェア物件では他の入居者の生活スペースを使用しながらの引越し作業となります。他の入居者の生活や仕事などを邪魔しないよう注意することと、引越し作業がスムーズに終わるよう気を配ることも大切です。

引越しが済んだら、他の入居者にすぐに挨拶しておくのがベター。引越し作業で迷惑をかけたことをお詫びする一言を添えると良いのではないでしょうか。たった一言の気配りがあるかないかで、今後の人間関係にも影響があるかもしれません。

また、引越し時はたくさんのゴミや廃棄物が出るものですが、その処理についても注意が必要です。ルームシェア物件ではゴミ出しや掃除が当番制になっていることが多く、引越しで出たゴミをそのままにしておくと当番の入居者に迷惑をかける可能性も。

分別の仕方やゴミの出し方は早めに確認し、他の入居者に負担がかからないよう配慮する必要があるのです。

ルームシェアのルールに添って新生活を

ルームシェア物件での生活は、家族との暮らしとも一人暮らしとも違うライフスタイルが待っています。これまでの暮らしでは当たり前だったことが通用しないシーンもあるので、その都度他の入居者や管理者に確認しておくことをオススメします。

独自のルールを設けているシェアハウスも少なくないので、個々のルールに則った新生活をスタートさせましょう。今回ご紹介したポイントに気をつけて、楽しいシェアライフを満喫してみませんか?

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る