特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

引越したいときは「現状不満」?簡単にできる対策とは

友人や家族などが引越しをすると、「私も引っ越そうかな」なんて思いがよぎりませんか?まだ引っ越して日が浅い場合や持ち家の場合は簡単にはいきませんが、賃貸住まいで何年も同じところに住んでいたりすると、本格的に引越しを意識する人もいるかもしれません。

しかし、本当に引越し時なのか、他に理由があるのかは見極める必要があります。その「引越し願望」、実は今の自分への不満からきているかもしれないのです。

「引っ越したい=引越し時」ではないという事実!

今の住居に満足していても、何となく引っ越したくなることはありませんか?

「もう少し広い部屋がいい」。
「そろそろ今の部屋にも飽きた」。

理由はいろいろあるかと思いますが、急に「引っ越したい」と感じるのはなぜなのでしょう。

騒音や近隣トラブルなど、切迫した理由があるわけでもないのに「引っ越したい」と感じたら、それは今の自分に対する「不満」が原因かもしれません。

実は、本当に必要で引越しを考えている人以外は、引越しそのものよりも「変化」を求めていることがあるのだといいます。これは脳科学や心理学的な見地によるもので、自分を取り巻く現状に対する不満が引越し願望となって表われてくることがあるのだとか。

「引っ越したいと思ったときが引越し時」といは限らないので、すぐに実行に移すのはオススメできません。本当に引越しするべきかどうか、一度冷静に考える時間をおいて、じっくり検討する必要がありそうです。

簡単に引越し気分を味わえる、オススメの方法

引越しには何かとお金がかかるので、「引っ越したい」と思ってもそうそう実現することはできません。それでは「引っ越したい」という気持ちを我慢するしかないのかというと、実はそうとも限りません。

簡単にできるちょっとしたことで、引越し願望を満足させることが可能です。その一つが、「模様替え」です。

例えばカーテンやカーペットなどのファブリック製品を新調してみてはいかがでしょう。どちらも比較的面積が大きいアイテムなので、色や柄を変えるだけでそれまでのお部屋の雰囲気が一変します。パッと目に飛び込んでくる色合いが変わるので、新しい部屋に引っ越したかのような気分を味わえるのです。

また、大型の家具を買い換えるのもオススメです。テーブルやソファといった存在感の大きなアイテムを新しくすると、お部屋の印象ががらりと変わります。家具だけでも「引っ越した気分」を味わうことができます。

この方法なら引越し費用よりはるかに安く済みますし、新しいアイテムで気分もすっきり爽やかに。本当に引越しをしなくても、手軽に心機一転することができるのです。

こんなちょっとした変化でも、人の心は大きな満足感を得られる、ということがわかっています。もし急に「引越ししたい」と思ったら、ぜひこの方法を試してみてはいかがでしょうか。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る