特集コラム-特集コラム 引っ越し!マル得ノウハウについて知ろう!

引越しは同棲を始めるのに最適なタイミング?

長く付き合っている恋人がいると、今住んでいる部屋の更新に合わせて「一緒に住もうか」なんて話が出ることは珍しくありません。結婚を前提にして、あえて同棲期間を作るカップルもいるのでは。

引越しをきっかけに同棲が始まるケースは珍しくありませんが、その際に気をつけたいことがいくつかあるのも事実。今回は、同棲と引越しについて考えてみます。

引越し先で同棲を始めるときに気をつけたいこと

同棲を始めるときにはさまざまなケースがあるかと思います。時には、相手の新居に居候する形で同棲がスタートすることもあるのでは。

そんなとき気をつけたいのが、大家さんや管理会社への報告を忘れないことです。もともと単身入居で契約していた住居に恋人が一緒に住むようになると、契約違反になる可能性があるのです。

場合によっては違約金の支払を求められたり、最悪の場合退去を求められる恐れもあります。物件によっては女性限定であったり、同棲不可となっているケースも。恋人の家に遊びに行く回数が増えるうちに、自宅に帰るのが面倒になってしまう人もいるかもしれませんが、そのまま「半同棲」になってしまわないよう気をつける必要があります。

また、2人で同棲する新居を探す場合、入籍前のカップルの入居を断られてしまう物件もあります。これは大家さんや管理会社の方針によるものなので、いくら気に入った物件でも「入籍していないカップルはダメ」と言われたら諦めるしかありません。

近く入籍する予定がある場合はその旨を伝えれば入居可能になることもあるので、不動産会社や大家さんに相談してみるという手もあります。

引越しをきっかけに同棲することのメリット・デメリット

引越しと同時に同棲をスタートさせることのメリットは、2軒分の住居の家賃を節約できることや、家具・家電選びがスムーズにいくことです。契約途中での賃貸契約の破棄や、急な引越しになることがないので、不要な出費も抑えられます。

家賃や光熱費も2人で支払うことになるので、一人暮らしのときよりも経済的負担が軽くなるのが、一番のメリットといえるのではないでしょうか。また、新生活を一緒にスタートさせることで、家具などの好みやライフスタイルを合わせやすいので、結婚生活をイメージしやすくなるというメリットもあります。

逆に引越しによる同棲のデメリットは、互いの両親に反対される可能性があることです。一緒には暮らすけれど結婚はまだ、という考え方は、両親の年齢や考え方によっては受け入れられない可能性も。結婚に対する覚悟ができていないカップルの場合、同棲が難しくなるかもしれないのです。

また、互いの引越しスケジュールの調整や勤務先への報告の仕方など、一人の引越しより手間がかかるというデメリットもあります。引越しをきっかけに同棲を始める場合は、これらのメリット・デメリットを踏まえた上で、2人共が納得のいく生活を目指すようにしてみてはいかがでしょうか。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る