特集コラム-特集コラム プロバイダー選びの極意について知ろう!

意外に少ない逆引きオプションを提供するプロバイダー。どこが提供しているの?

DNS(Domain Name Server)を使ったドメインの正引き・逆引きという言葉はご存じですか?

正引き(せいひき)は、DNSを使ってドメイン名からIPアドレスに変換すること、そしてその結果を指します。

例えば、abc.jpというドメインがあったとして、
abc.jpから多数のIPアドレスに変換されうる、または多数のドメイン名から1つのIPアドレスに変換されうることを言います。

一方の逆引き(ぎゃくひき)は、reverse lookupまたはreverse DNS lookupと言われ、DNSを使ってIPアドレスからドメイン名に変換すること、そしてその結果を指します。

IPv4であれば、in-addr.arpaドメインを使って逆引きを行います。
例えば、133.242.175.21というIPアドレスがあるとして、これを逆に並べた上でin-addr.arpaをつけた「21.175.242.133. in-addr.arpa」を用いて変換します。

ネットワークの管理をする上では逆引きが使えると便利な点が多数あるので、きちんと設定しておくべきです。中にはサーバ側で逆引きできないとアクセスさせない設定を取っている場合もあるので注意が必要です。

逆引きが使われるとこんなに便利です。

・tracerouteコマンドなどを使うときに逆引きが可能なドメイン名が表示されるので、デバッグに活用できる
・telnetdやsshdのように逆引きを調べるプログラムを使える
・どの組織がどのIPアドレスを持っているかが把握できる
・通信ログ記録がIPアドレスで取られるが、ログを解析するときなどドメイン名を扱えた方が分かりやすく整理できる

このような逆引きサービスオプションは、レンタルサーバー会社やVPS(Virtual Private Server)を扱う会社であれば提供していますが、意外にプロバイダーで提供しているところは少ないです。

そこでオススメするのが、「ちょっパヤ!ネット」という2014年7月1日にサービス開始したプロバイダー。

まだ始まって間もないので、名前を知らない、初めて聞くという人もいるかもしれません。

「ちょっパヤ」という名の通り、Webの閲覧や動画視聴などネットの通信が「ちょっと速く」、NTT・光ネクストなどの各フレッツ高速通信に完全対応しているので、大容量のファイル転送もラクラク。
オンデマンド視聴や動画投稿サイトの閲覧もコマ落ちせずに、サクサク見れちゃいます。

更に、ちょっパヤ!ネットでは通信制限や転送量制限といったものがないので、制限を気にすることなく、思う存分ネット通信が楽しめます。

固定IPやセカンダリDNS(初回設定無料)と組み合わせることができるので便利。

逆引きオプションも、初回設定無料で利用できます。
(設定変更: 1,029円/回)

サーバーを運用するためにトータルで考えると、ちょっパヤ!ネットがお得ではないでしょうか。マルチIPプラン(8/16IP)にすると更にお得です。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報

希望する引越し事業者に対してお見積りの依頼をすることができます。必要事項を記入してください。

  • STEP 1

    お住まいの郵便番号

    -
  • STEP 2

    引越し先住所の都道府県

  • STEP 3

    引越し先での居住人数

    大人
    18歳未満の子供

条件を指定してプロバイダーを探す

固定タイプ

光ファイバー

  • 住居タイプ
  • IP電話オプション
  • 映像オプション
  • セキュリティオプション

ADSL

0.9m〜
24m〜
40m〜
  • NTT固定電話
  • IP電話オプション
  • セキュリティオプション

高速モバイル

  • 回線業者
  • 接続タイプ
  • 契約端末

住居タイプ

TOPへ戻る