通信・回線用語集

アナログ回線(analog circuit)

高速回線でぶっちぎれ!フレッツ史上最速!

https://www.choppaya.net/

全国1Gbps完全対応!固定IPも使える「ちょッパヤ!ネット」は月額2,366円から!

アナログ回線(analog circuit)とは、アナログ信号を伝送することによってデータや音声をやりとりする電気通信回線のこと。主にアナログテレビ放送や、FM・AMラジオ、昔からある普通の電話回線のことを指す。データ通信の中ではISDN回線などのデジタル回線の対比として用いられる。

日本ではデジタル回線であるISDN回線の普及によってアナログ回線の加入者が減少していったが、後に登場したISDN回線よりも高速なADSLも、アナログ回線を使用する。これによりアナログ回線の加入者は再び増加していった。

電話におけるアナログ回線はアナログ電話回線と呼び、黒電話のように昔から存在する電話機を接続して使われていた一般的な電話回線のこと。

アナログ電話回線では銅線(メタル線)を通して、糸電話のように音声を伝えている。このため電話局から自宅への距離や、外来ノイズなどの影響を受けやすいというデメリットがある。

アナログ電話回線を利用してインターネットに接続するADSLが電波や距離に弱いのもこのような銅線の性質のためといえる。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報
ネットでできるアレコレについて知ろう!
TOPへ戻る