通信・回線用語集

ナローバンド

高速回線でぶっちぎれ!フレッツ史上最速!

https://www.choppaya.net/

全国1Gbps完全対応!固定IPも使える「ちょッパヤ!ネット」は月額2,366円から!

ナローバンド(narrow band)とは、通信速度が低速である通信回線や接続サービスのことを指す。日本語で「狭範囲」という別名で呼ばれることもある。

ナローバンドには明確な数字や定義は無いが、128kbps以下の低速な通信回線を指すことが多い。例としてはダイヤルアップ接続、ISDN回線、PHSのネット接続などが挙げられる。

これに対し高速な回線を指すCATVADSL光ファイバーなどはブロードバンドと呼ばれる。速度や送受信できる容量の圧倒的な違いから、現在のインターネット接続はブロードバンドが主流である。ただし普及範囲の広さではナローバンドが上回り、全国で利用できる通信インフラとしては現在でも重要な存在といえる。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報
ネットでできるアレコレについて知ろう!
TOPへ戻る