通信・回線用語集

ハブ(HUB)

高速回線でぶっちぎれ!フレッツ史上最速!

https://www.choppaya.net/

全国1Gbps完全対応!固定IPも使える「ちょッパヤ!ネット」は月額2,366円から!

ハブ(HUB)とは、ネットワーク機器の一種で、集線装置のこと。

ハブという名前は「車輪の中心」に由来している。これに対をなす言葉として「スポーク」がありハブを中心に放射状に伸びた接続線のことを指す。

ネットワークにおけるハブはイーサネットの集線装置のことを指す。データをノードに再送信するタイプのハブはリピータハブと呼ばれるが、近年はスイッチングハブが普及している。

ハブを中心として他のノードと通信するネットワーク形態を「スター型LAN」と呼ぶ。イーサネットでは3~4段階のハブ同士を接続することによって、複数の機器をネットワークに接続できる(カスケード接続)。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報
ネットでできるアレコレについて知ろう!
TOPへ戻る