通信・回線用語集

メインメモリー

高速回線でぶっちぎれ!フレッツ史上最速!

https://www.choppaya.net/

全国1Gbps完全対応!固定IPも使える「ちょッパヤ!ネット」は月額2,366円から!

メインメモリーとは、プログラムやデータを一時的に保存しておくメモリー(記憶装置)のこと。CPUなどのプロセッサーによって直接アクセスができる。主記憶装置、一次記憶装置とも呼ばれる。

プログラムなどの記録は半導体素子によって電気的に行われるため、動作が高速でなおかつCPUからのダイレクトな読み書きが可能である。ただしコンピューターの電源を切ると内容は揮発(消失)する。また、記憶容量あたりの単価が高く、大量には使用できない。

メインメモリーは「RAM」と「ROM」に分かれている。RAMが読み書き自由なのに対し、ROMは読み取りしかできない。メインメモリーを増設することでパソコンの動作を早くすることができる。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報
ネットでできるアレコレについて知ろう!
TOPへ戻る