通信・回線用語集

圧縮

高速回線でぶっちぎれ!フレッツ史上最速!

https://www.choppaya.net/

全国1Gbps完全対応!固定IPも使える「ちょッパヤ!ネット」は月額2,366円から!

圧縮とは、データの実質的な性質はそのままで、容量を減らしながら別のデータに置き換えることをいう。正式にはデータ圧縮。「高効率符号化」、「情報源符号化」とも呼ばれる。

ネットワーク上でデータのアップロード・ダウンロードにかかる時間を短縮させたり、記憶装置の容量を節約するために圧縮が用いられる。また、メール添付などで添付ファイルをひとまとめにしたり、添付容量の削減を目的に圧縮したファイルを利用する。

圧縮されたデータを元通りにするには「解凍」や「展開」と呼ばれる処理を行う。

圧縮の方法はさまざまあり、大きく「可逆圧縮」、「非可逆圧縮」の2種類に分けられる。可逆圧縮とは圧縮データを解凍したときに元々のデータの形に戻る。代表的な形式としてはLHA、ZIP、PNGが挙げられる。また、バイナリデータが対象の場合は複数のファイルを一まとめにできるアーカイブ機能を用いる。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報
ネットでできるアレコレについて知ろう!
TOPへ戻る