通信・回線用語集

DSL(デジタル加入者線)

高速回線でぶっちぎれ!フレッツ史上最速!

https://www.choppaya.net/

全国1Gbps完全対応!固定IPも使える「ちょッパヤ!ネット」は月額2,366円から!

DSLとは、「Digital Subscriber Line」の略であり、デジタル加入者線のこと。

電話線(ツイストペアケーブル通信線路)を通して高速のデジタルデータ通信を行う技術。

現在は光ファイバーが普及しているが、その前段階に普及していた通信網にあたる。

日本では、インフラストラクチャーとして既存の電話回線(メタルケーブル加入者線)を利用して高速通信を行う。通話の音声を伝える周波数とは違う帯域を使用し、通話音声とデータを同時にやりとりできる。
DSLにはVDSL(超高速)やHDSL(高速)などの種類があるが、一般的にもっとも普及しているのが電話回線を使ったADSL(非対称型)である。
問題点としては、電話局とインターネットを利用するユーザーの距離によって速度が変わること、ISDN方式との混信などが挙げられる。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報
ネットでできるアレコレについて知ろう!
TOPへ戻る