通信・回線用語集

ISDN

高速回線でぶっちぎれ!フレッツ史上最速!

https://www.choppaya.net/

全国1Gbps完全対応!固定IPも使える「ちょッパヤ!ネット」は月額2,366円から!

ISDNとは、「Integrated Services Digital Network」の略であり、デジタル通信網の一種です。和訳すると「サービス総合デジタル通信網」になり、電話やFAX、データ通信などで利用されています。

ISDNは、電話線をデジタル回線化することで通話の安定をアップさせたり、FAX、データ通信などを総合的に扱えるサービスとして開始されました。

ADSL登場以前は、インターネット接続にも利用されおり、従来のアナログモデムよりも速くて安定していることからしばらく普及していました。しかしさらに高速で低料金なADSL光ファイバーが登場したことにより、現在はほとんど利用されていません。

ISDNの特徴と利用法について

ISDNは複数のチャネルがあり、「Bチャネル(64kbps)」と「Dチャネル(16kbps)」をそれぞれ2本備えています。

Bチャネルは主要情報の送受信を担当しているのに対し、Dチャネルでは副次的な情報が送受信されています。このため一つの回線で電話2回線分の通信ができます。

このような特徴から、一つの回線で2台の電話を同時利用したり、電話とFAXを一緒に利用することもできます。また、電話とデータ通信を同時にできるため、インターネット接続と通話を同時に利用することもできます。2つの回線を束ねることで速度を64kbpsから128kbpsまで上げることも可能です。

ISDNの速度は64kbpsなのでADSL光ファイバーと比べると圧倒的に遅いですが、サービスエリアの広さから、ADSL光ファイバーに対応していない地域の人に利用されています。また、大量のFAX送受信を行う通信販売企業や放送局では、FAX信号を正常に送受信するためにISDNが採用されていることがあります。

  • kamome_300_250
  • fuchu_300_250
その他の通信回線情報
ネットでできるアレコレについて知ろう!
TOPへ戻る